新製品情報フェルトの最先端カーボンロード「FR 1フレーム」登場 テクストリーム採用のセカンドグレード

  • 一覧

 ドイツのバイクブランド「FELT」(フェルト)が、同社のミドルグレードのUHCアドバンスド カーボンと最先端素材カーボンTeXtreme(テクストリーム)を組み合わせた「FR 1フレーム」を11月下旬より発売する。従来のレーシングモデル「Fシリーズ」の特徴だった軽量性と高剛性をさらに向上させたフレームに、快適性と路面追従性を加えたセカンドグレードのニューモデルだ。

軽量、かつ強靭な「TeXtream Carbon 」を採用した「FR 1フレーム 」 ©FELT軽量、かつ強靭な「TeXtream Carbon 」を採用した「FR 1フレーム 」 ©FELT
UHC Advanced+TeXtreme Carbon Frame ©FELTUHC Advanced+TeXtreme Carbon Frame ©FELT

 「テクストリーム」はカーボンの平らなシートを編んだ構造で、カーボンの糸を編み込んだ「Weave」(ウィーブ)に比べて非常に軽量で、かつ強靭で薄いのが特徴。大きな網目によるチェック模様の地肌は、フェルトのハイエンドバイクの特徴にもなっている。

 「FR 1フレーム」はこのテクストリームと、ミドルグレードのUHCアドバンスド カーボンを採用することで、剛性を飛躍的に向上させつつ、軽いペダリングを獲得。同社のトップグレードに匹敵する性能を誇りながら、リーズナブルな価格を実現した。

28mmのタイヤクリアランス ©FELT28mmのタイヤクリアランス ©FELT

 BB386EVO規格のフレームを採用することで、BBシェル幅を最大化。フレーム剛性がアップすると同時に ハイパフォーマンスを維持したまま28mmのワイドタイヤまで装着可能にした。レースシーンでは23Cタイヤ、トレーニングやロングライドシーンでは28Cタイヤという使い分けができる。

 またヘッドセットの下側ベアリングをサイズにより変更。430と470は1-1/8、510と540は1-1/2、560と580は1-1/2と、それぞれのライダーに過不足ない剛性を確保し、剛性をそこまで必要としない小さいサイズでは軽量性を重視した。

FRシリーズ開発ストーリー

■FR 1 フレーム
サイズ:430、470、510、540、560、580
重量:フレーム 0.90kg(540mm)/フォーク 0.30kg
カラー:マットテクストリーム
税抜価格:288,000円
発売時期:11月下旬

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイクフェルト(FELT)のロードバイクフェルト(FELT)のロードバイク|20~30万円

20~30万円 フェルト フレームセット ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載