東京五輪へ「JAPANプロサイクリング」と連携NIPPO・ヴィーニファンティーニが内間ら日本人3選手と新規契約

  • 一覧

 NIPPO・ヴィーニファンティーニは10月24日、駐日イタリア大使館で記者会見を開き、リオオリンピック・ロードレースに日本代表として出場した内間康平(ブリヂストン・アンカー サイクリングチーム)、中根英登(愛三工業レーシング)、伊藤雅和(愛三工業レーシング)の3選手の加入が新たに決定したことを発表した。

駐日イタリア大使館で開催された記者会見にて、小林海を含む新規加入4選手が紹介された ©NIPPO VINI FANTINI駐日イタリア大使館で開催された記者会見にて、小林海を含む新規加入4選手が紹介された ©NIPPO VINI FANTINI

 3選手はいずれも国内屈指のUCIコンチネンタルチームに所属し、国内外のレースで活躍、世界ランキングをめざすうえで、日本の自転車ロードレース界の中核を担う。すでに発表されているU23全日本チャンピオン小林海(チームクオータ C.パウリーノ)と合わせ、2017年は新たに4人の日本人選手がNIPPO・ヴィーニファンティーニで世界の舞台をめざす。

内間康平 ©NIPPO VINI FANTINI内間康平 ©NIPPO VINI FANTINI
中根英登 ©NIPPO VINI FANTINI中根英登 ©NIPPO VINI FANTINI
伊藤雅和 ©NIPPO VINI FANTINI伊藤雅和 ©NIPPO VINI FANTINI

 また記者会見には、一般社団法人「JAPANプロサイクリング」の橋本聖子理事長と林辰夫理事が出席。NIPPO・ヴィーニファンティーニによると、2020年の東京オリンピックでのメダル獲得に向けて同団体と連帯し、世界での日本人選手育成環境を構築していくという。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO 移籍・引退

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載