CYCLE MODE 2012コルナゴブースで異彩を放つディスクロード「C59 DISC」

  • 一覧

 イタリアを代表するブランドのひとつ、コルナゴ。創業者のエルネスト・コルナゴが来日し、笑顔をふりまきながら来場者にサインをするその後ろで、異彩を放っているのが2013年モデルで登場した「C59 DISC」。その名のとおり「C59」を油圧ディスクブレーキに対応させたバージョンだ。ディスク化にともなって、リアのエンド幅は130mmから135mmへと拡大されている。

コルナゴブースで異彩を放つディスクロード「C59 DISC」油圧ディスクブレーキを搭載した「C59 DISC」の完成車。
コルナゴブースで異彩を放つディスクロード「C59 DISC」カンパニョーロ・スーパーレコード仕様の完成車価格は税込1,680,000円。

 サイクルモードの会場では、カンパニョーロ・スーパーレコード仕様の完成車が展示されていて、その完成車価格は税込1,680,000円とアナウンスされていた。フレームセットは税込619,500円(一部カラーはアップチャージ有り)。なお、ブレーキセットやホイール等、C59 DISCに対応したコンポーネントは、追ってコルナゴの代理店である株式会社エヌビーエスよりアナウンスされる予定だという。

 コルナゴブースでは、プロ選手が使用した実車も複数展示されていた。いちばん注目されていたのは、やはり今年のロード全日本選手権で新城幸也選手のために用意された「絆モデル」のC59だった。

コルナゴブースで異彩を放つディスクロード「C59 DISC」新城幸也選手のために用意された「絆モデル」のC59も展示されている。

コルナゴ

TEXT&PHOTO BY Gen SUGAI

関連記事

この記事のタグ

サイクルモード2012 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載