モデルの田中セシルさんが愛媛温泉ライドを堪能<1>「しまなみ」よりのんびり 信号が1つもない上島町の「ゆめしま海道」を走って 絶景ジャグジー満喫

by 澤野健太 / Kenta SAWANO
  • 一覧

 日本一の「しまなみ海道」と、日本最古の「道後温泉」。世界中のサイクリストにオススメできる2大コンテンツを有する愛媛県は、このほど“湯めぐりサイクル”を新提案するウェブサイト「ゆックル」を作成。そのコースを是非体験してみようと、モデルやダンサーとして活躍する自転車ビギナー女子、田中セシルさんが、地元愛媛の自転車好き女子ユニット「ノッてる!ガールズEHIME」の渡邉愛羅さんのアテンドで、2泊3日のサイクリング。1日目には、信号がなく、のどかな景色が続く「ゆめしま海道」。2日目は今治市の美肌の湯「鈍川温泉」。3日目は「道後温泉」と松山市内サイクリングを楽しみました。今日から3日連続でお届けします。

フェスパの201号室の屋外ジャグジーからは瀬戸内の海を満喫することができる Photo: Kenta SAWANOフェスパの201号室の屋外ジャグジーからは瀬戸内の海を満喫することができる Photo: Kenta SAWANO

1日目:松山空港着➔今治港からゆめしま海道へ

松山空港から今治まではリムジンバス(マイクロバス)が便利 Photo: Kenta SAWANO松山空港から今治まではリムジンバス(マイクロバス)が便利 Photo: Kenta SAWANO

 前日までのモデルとしての仕事を終え、羽田空港発7時25分の便に乗り込んだ田中セシルさん。ロードバイクに乗るのは3月の「プチ・ビワイチ」以来だが、「世界でも有名になってきたという、しまなみ海道も走れて、温泉も楽しめるサイクリングなんて最高ですね」と心待ちにしていた。

 多忙なモデル業で前日からあまり寝ていなかったセシルさんだが、機上で仮眠を取って9時前には松山空港に到着。接続の良いリムジンバスに乗り込むと再びぐっすり。約1時間20分の移動で10時30分には、しまなみ海道の愛媛側の拠点、ジャイアントストア今治に到着した。

しまなみ海道オリジナルジャージを持つ、ジャイアントストア今治のスタッフ。左から川村篤史さん、篠崎直緒さん、重兼みゆきさん Photo: Kenta SAWANOしまなみ海道オリジナルジャージを持つ、ジャイアントストア今治のスタッフ。左から川村篤史さん、篠崎直緒さん、重兼みゆきさん Photo: Kenta SAWANO
ジャイアントストア今治の前には世界から訪れるサイクリストに向け、たくさんのレンタルバイクが並ぶ Photo: Kenta SAWANOジャイアントストア今治の前には世界から訪れるサイクリストに向け、たくさんのレンタルバイクが並ぶ Photo: Kenta SAWANO

 ジャイアントストア今治を使う利点はレンタルバイクだけではない。店内のロッカーに余計な荷物を置いていけることだ。今回はしまなみ海道から離れた「ゆめしま海道」の弓削島で1泊、2泊目は再び今治市に戻ってくる行程。2泊目以降の荷物は置いておき、最低限の荷物だけを小さなバックパックに入れておけばいい。

必要のない荷物は店内のロッカーにしまって出発 Photo: Kenta SAWANO必要のない荷物は店内のロッカーにしまって出発 Photo: Kenta SAWANO
店内の壁面には「しまなみ海道」のマップが大きく描かれている Photo: Kenta SAWANO店内の壁面には「しまなみ海道」のマップが大きく描かれている Photo: Kenta SAWANO

「ノッてる!ガールズEHIME」愛羅さんがアテンド

ジャイアントストア今治を出発する渡邉愛羅さん(左)と田中セシルさん。バイクはお揃いのLiv「AVAIL SL 2」 Photo: Kenta SAWANOジャイアントストア今治を出発する渡邉愛羅さん(左)と田中セシルさん。バイクはお揃いのLiv「AVAIL SL 2」 Photo: Kenta SAWANO

 店内では「ノッてる!ガールズEHIME」2期生の愛羅さんがお出迎え。スポーツバイク歴は1年ながら、中高と陸上競技ハンマー投げで活躍したスポーツ万能女子だ。休みの日にはしまなみ海道や、お気に入りの南予地方までロングライドに出かけている愛羅さんが今回のガイド役。「初めてのアテンドでドキドキですが、セシルさんとのライドが楽しみです」。バイクは普段から乗り慣れたLiv「AVAIL SL 2」。セシルさんも同じバイクをジャイアントストア今治でレンタルすると、晴天の秋空の今治駅前を元気良く出発した。

海水の堀が巡らされた今治城を横目に走る Photo: Kenta SAWANO海水の堀が巡らされた今治城を横目に走る Photo: Kenta SAWANO

 海水のお堀にエイが紛れ込み話題になった今治城を横目に今治港へ。1日目の目的地・弓削島(ゆげじま)までは、快速船で1時間5分。途中で下りて上島町の生名島(いきなじま)や佐島などに立ち寄るのも楽しい。途中の伯方島まで快速船で移動して、しまなみ海道で広島に向かうなど、自分たちの脚力に合わせ、船でショートカットすることも可能だ。

快速船への自転車の詰め込みは係の方にお任せ Photo: Kenta SAWANO快速船への自転車の詰め込みは係の方にお任せ Photo: Kenta SAWANO
快速船の甲板からは瀬戸内の島々が一望 Photo: Kenta SAWANO快速船の甲板からは瀬戸内の島々が一望 Photo: Kenta SAWANO
シアトルからしまなみを走りに来た(左から)オードリー・デービスさん、イーサン・フィリップスさんと一緒に高速船に乗り込む Photo: Kenta SAWANOシアトルからしまなみを走りに来た(左から)オードリー・デービスさん、イーサン・フィリップスさんと一緒に高速船に乗り込む Photo: Kenta SAWANO

 さらに、25の島で構成される上島町は平成29年3月31日まで船への自転車の持ち込み料金が無料になっているので利用しない手はない(サイクルフリー券への記入が必要)。何より島、橋を海側から見ることができるのが楽しい。

 甲板に出た愛羅さんは「今治にずっと住んでいますが、この船は初めて。新鮮な風景ですね」と風に当たりながら気持ち良さそう。並んで甲板のベンチでお弁当を食べていたシアトル在住のイーサン・フィリップスさんは尾道から今治まで、しまなみ海道を走り、帰りはフェリーで弓削島まで一気に戻るという。「女性と一緒だから、船でショートカットできるのがいいね。アメリカでも『しまなみ』は有名になってきているよ」と話した。景色を楽しんでいるうちに約1時間で弓削島に到着した。

かわいらしい「食堂まるふ農園」の玄関。弓削商船高等専門学校の学生などが下宿で利用していたという空き家をセルフリノベしてつくったお店  Photo: Kenta SAWANOかわいらしい「食堂まるふ農園」の玄関。弓削商船高等専門学校の学生などが下宿で利用していたという空き家をセルフリノベしてつくったお店
Photo: Kenta SAWANO
静かな島の時間を楽しみながらヘルシーな料理を味わう。おいしそうな写真はINSTAでシェア Photo: Kenta SAWANO静かな島の時間を楽しみながらヘルシーな料理を味わう。おいしそうな写真はINSTAでシェア Photo: Kenta SAWANO
食堂まるふ農園の揚げナスを中心としたランチセット Photo: Kenta SAWANO食堂まるふ農園の揚げナスを中心としたランチセット Photo: Kenta SAWANO

 時間はすでに午後1時過ぎ、朝食後何も食べていなかったセシルさんたちは、狙いを定めていた「食堂まるふ農園」へ。今年6月にできたばかりの無農薬、無化学肥料で育てた「野菜が主役」の一汁三菜ランチが1,000円(税込)で楽しめる店だ。弓削商船高等専門学校の学生などが下宿で利用していたという空き家をセルフリノベして作った温かみのあるお店だ。自家農園で育てた真黒(しんくろ)ナスというナスを使った揚げ出しは、しっかりとした味が伝わってきて「四角豆の四角豆のおかか和えも私好みで、東京にこういう店があったらなあ」とお気に入りのお店リストに入れていた。

生名橋をバックに生名島の海沿いを走る渡邉愛羅さん(手前)と田中セシルさん Photo: Kenta SAWANO生名橋をバックに生名島の海沿いを走る渡邉愛羅さん(手前)と田中セシルさん Photo: Kenta SAWANO

 1日目の本格的スタートはここから、弓削島、佐島、生名島(いきなじま)を結んだ「ゆめしま海道」は信号が1つもなく、距離もしまなみ海道に比べてずっと短く、自分たちのペースでのんびり走ることができる。セシルさんと愛羅さんは一列になって、美しい弓削大橋、生名橋を渡って生名島を一周、再び弓削島に戻ってくる約20kmをサイクリング。交通量もアップダウンも少なく「ロードバイクに乗るのが2回目の私にちょうど良い、いつまでも走っていたくなる道ですね」と大満足し、1日目の宿「インランド・シー・リゾート・フェスパ」にチェックインした。

フェスパの201号室は瀬戸内の大きな窓から瀬戸内の海を一望できる Photo: Kenta SAWANOフェスパの201号室は瀬戸内の大きな窓から瀬戸内の海を一望できる Photo: Kenta SAWANO
フェスパの部屋には自転車を持ち込み可能。安心して過ごすことができる Photo: Kenta SAWANOフェスパの部屋には自転車を持ち込み可能。安心して過ごすことができる Photo: Kenta SAWANO
フェスパの屋外露天風呂では町内の柑橘類を使ったイベント湯が楽しめる Photo: Kenta SAWANOフェスパの屋外露天風呂では町内の柑橘類を使ったイベント湯が楽しめる Photo: Kenta SAWANO

 丘の上に建つフェスパは全室オーシャンビュー。セシルさん、愛羅さんは早速、瀬戸内海が見渡せる洋風、和風が揃った露天風呂、地元の柑橘類を浮かべた「イベント風呂」につかり、疲れを癒やした。さらに、宿泊した和洋室が一緒になった角部屋の201号室は屋外ジャグジーも完備。ビキニ姿でジャグジーも楽しみ、眼下に瀬戸内海を望む開放感と、ジャグジーの適度な大きさで2人の距離は一気に縮まった。

フェスパの屋外露天風呂からは瀬戸内海を眺めることができる ※特別に許可を取って撮影 Photo: Kenta SAWANOフェスパの屋外露天風呂からは瀬戸内海を眺めることができる ※特別に許可を取って撮影 Photo: Kenta SAWANO

 1日目の夕食は散策を兼ねてホテルの外へ出掛け「ゆげしまダイニング彩(さい)」へ。こちらも今年出来たばかりの地元の海産物を使ったお造りと、地元産タコのガーリックバター焼きなど、和風からスペイン、イタリア料理まで味わえる雰囲気も腕も良いお店だ。窓の外のライトアップされた弓削大橋を眺めているだけで、気持ちが洗われる。のんびりとした時の流れの中、1日目の夜は更けていった。

鯛の御頭の煮つけなど地元の魚を使った和洋の料理が楽しめる「ゆげしまダイニング彩」 Photo: Kenta SAWANO 鯛の御頭の煮つけなど地元の魚を使った和洋の料理が楽しめる「ゆげしまダイニング彩」 Photo: Kenta SAWANO鯛の御頭の煮つけなど地元の魚を使った和洋の料理が楽しめる「ゆげしまダイニング彩」  Photo: Kenta SAWANO
地元の魚を使った和洋の料理が楽しめる「ゆげしまダイニング彩」 Photo: Kenta SAWANO地元の魚を使った和洋の料理が楽しめる「ゆげしまダイニング彩」 Photo: Kenta SAWANO
地元のタコを使ったアヒージョも最高だった Photo: Kenta SAWANO 地元産タコのガーリックバター焼きも最高だった Photo: Kenta SAWANO地元産タコのガーリックバター焼きも最高だった Photo: Kenta SAWANO
地元の魚介類をメーンにしたお造り Photo: Kenta SAWANO地元の魚介類をメーンにしたお造り Photo: Kenta SAWANO

→<2日目に続く>しまなみから美人の湯「鈍川温泉」へ

インランド シー リゾート フェスパ・今回利用プラン

WEB限定【平日プラン】平日がお得(月~木限定)11,000円<特別室>
【内容】特別室が1泊2食付で11,000円
【特別室】和室特別室(露店風呂付スウィート和室10帖、2名~6名小人含)
洋室特別室(露天風呂付スウィート洋室、2名~3名小人含)
和洋特別室(室内ジャグジー付スウィート和洋室301号室、2名~5名小人含)
【提供期間】2017年1月31日まで
【住所】愛媛県越智郡上島町弓削日比287
【電話】0897-77-2200

食堂まるふ農園

【住所】愛媛県越智郡上島町下弓削518
【電話】050-7128-8807
【営業時間】土、日、月曜日の11:00~17:00(16:30ラストオーダー)
ランチタイム11:00~13:00
※席が限られているため、ランチタイムは予約がベター

ゆげしまダイニング 彩 sai

【住所】愛媛県越智郡上島町下弓削123-7
【電話】0897-72-9931
【営業時間】18:00~23:00(22:00ラストオーダー)

「ジャイアントストア今治」

■住所:愛媛県今治市北宝来町1-729-8
■電話番号:0898-25-1175
■アクセス:JR予讃線今治駅構内。しまなみ海道自歩道入り口まで7km、自転車で25分
■営業時間:9:00~19:00
■駐車場:なし
■定休日:火曜日

田中セシル 田中セシル(たなか・せしる)

モデル・ダンサー・振付師。元新体操選手でウォーキング&ボディメイキングトレーナー。渡辺麻友(AKB48)や橋本環奈のバックダンサー、Rev.from DVL/東京パフォーマンスドール/相沢まきなどの振付も手掛ける。平均身長172cm、平均股下82cmのモデルダンスチーム「SpininGReen」(スピニングリーン)のリーダーとしてダンス×ファッション×テクノロジーを融合させた新しいエンターテイメントの創造に挑戦中。オフィシャルブログ「Dance! Step! Jump!

渡邉愛羅 渡邉愛羅(わたなべ・あいら)

ノッてる!ガールズEHIME2期生、今治出身、身長167cm。自転車以外の趣味は陸上、水泳、テニス。今治オススメポイントは亀老山から見る景色。オススメカフェは「コーヒースタンド ターミナル01」座右の銘は「Life is like riding a bicycle. To keep your balance you must keep moving.」。「ノッてる!ガールズEHIME公式Facebook

この記事のタグ

グルメ・旅(女性向け) サイクルツーリズム しまなみ海道 ロングライド 愛媛県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載