山梨県警笛吹署の雨宮弘幸巡査部長子供たちに自転車の安全な乗り方を指導の警察官に「地域安全功労賞」

  • 一覧
近藤本部長に「地域安全功労賞」の受賞報告をする雨宮弘幸巡査部長(左)=18日、県警本部 (外崎晃彦撮影)近藤本部長に「地域安全功労賞」の受賞報告をする雨宮弘幸巡査部長(左)=18日、県警本部 (外崎晃彦撮影)

 交通安全など地域の安全活動に貢献した警察官や住民を表彰する平成28年度の「地域安全功労賞」(JP生きがい財団主催)に、山梨県内から山梨県警笛吹署黒駒駐在所の雨宮弘幸巡査部長(48)が選ばれた。雨宮巡査部長は10月18日、近藤知尚本部長に受賞を報告した(写真)。

 近藤本部長は「長年にわたり子供の安全のために力を尽くしてきたと聞いている。引き続き頑張ってほしい」と激励した。雨宮巡査部長は平成2年に採用され、20年から黒駒駐在所で勤務している。地域活動を通して、安全な自転車の乗り方を子供らに熱心に指導してきたことが評価された。世間の話題やテレビの人気番組などを参考に、親しみやすい指導を心がけているという。

 雨宮巡査部長は「子供にどうやって安全に興味を持たせ、理解させるかを考えてきた。地域に育ててもらって今回の受賞がある。賞に恥じぬよう初心に帰り、人間力を高めたい」と喜びを語った。「地域安全功労賞」は平成20年、警察庁の関連団体が創設し、今回は全国で22人が受賞した。山梨県内ではこれまで、雨宮巡査部長を含め10人が受賞している。

産経新聞・山梨版より)

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載