新製品情報MAVICが日本人向けの幅広シューズ「Fit Maxi」モデルを新発売

  • 一覧
MAVICイエローが眩しいロード用上級モデル「ゼリウムMaxi」MAVICイエローが眩しいロード用上級モデル「ゼリウムMaxi」

 MAVICは、幅広甲高な日本人の足に合わせた足型「Fit Maxi」(フィットマキシ)を使用したシューズを2013年モデルから投入する。これまで細身と見られてきたMAVICシューズだが、新モデルではより多くの日本人サイクリストにベストフィットするよう目指した。

 日本人用に開発されたFit Maxiでは、これまでのノーマルフィットに比べ、甲からつま先にかけてのボリュームを高めることで、より多くの日本人の足に合わせたシューズとなった。具体的には横幅が2mm、最大周長が10mm、母子球部分が7mm、足首周辺の甲が5mm、それぞれサイズが大きくなった。開発においては数値だけでなく、日本でも数種類ものサンプルを実際にテストし、もっとも適したサイズとフィット感を完成させたという。

 また、かかと部分はサイズに個人差が少ないことと、ペダリングのしやすさ、またフィット感を重視して、ノーマルフィットと同様の形状を採用しており、今まで通りのフィット感、ホールド感でパワーを確実にペダルに伝えることができる。

ロード用の定番モデルとなる「アヴェンジMaxi」ロード用の定番モデルとなる「アヴェンジMaxi」
MTB XC向け定番モデル「ラッシュMaxi」MTB XC向け定番モデル「ラッシュMaxi」
「Fit Maxi」と同様の幅広足型を採用している、アルパインXL(上左)、アルパイン(上右)、クルーズ「Fit Maxi」と同様の幅広足型を採用している、アルパインXL(上左)、アルパイン(上右)、クルーズ

 Fit Maxiに対応するのは、2013年モデルでは3モデル。ロード用では上級モデル「ゼリウム」と定番モデル「アヴェンジ」から、それぞれ「ゼリウムMaxi」「アヴェンジMaxi」が発売される。MTB XC用では定番モデルの「ラッシュ Maxi」が発売される。

 また、Fit Maxiの名称を付けないものの、MTBトレイルシューズ「アルパインXL」「アルパイン」「クルーズ」は、厚手のソックスを履くことを考慮して、Fit Maxiと同じ幅広の足型が採用されている。幅広のシューズを探しているユーザーは、こちらもチェックしてみると良いだろう。

ゼリウムMaxi 価格:39,900円(税込)
サイズ:22 ~31.5cm / 重量:310 グラム(サイズ27)

アヴェンジMaxi 価格:18,900円(税込)
サイズ:22~31.5cm / 重量:335 グラム(サイズ27)

ラッシュMaxi 価格:18,900円(税込)
サイズ:22~31.5cm / 重量:400 グラム(サイズ27)

MAVIC公式サイト

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

マヴィック 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載