JAFが実証実験自転車の出会い頭衝突 「ヘルメットなし」で脳への影響は17倍

  • 一覧
JAFが行った自転車の出会い頭衝突を想定した実験 ⒸJAFJAFが行った自転車の出会い頭衝突を想定した実験 ⒸJAF

 自転車事故で最も多い自転車同士の出会い頭衝突事故で、ヘルメットをかぶっていなかった場合、脳への影響度がかぶっていた場合の約17倍に及ぶことが日本自動車連盟(JAF)の調査で分かった。JAFでは特に子供のヘルメット着用の重要性を訴え、交通ルールを守って安全な走行に努めるよう呼びかけている。

 調査では、母子3人乗り自転車(幼児2人同乗基準適合車)と男性が乗る自転車が20km/hで出会い頭衝突した際を想定。3人乗りの後部座席に座った子供のダミーについて、衝突や転倒による衝撃が脳に及ぼす影響度を示す目安「頭部損傷基準値(HIC)」を、ヘルメットの着用の有無で比較した。

 この結果「ヘルメットなし」の場合のHICは15,951で、「ヘルメットあり」の949に比べ約17倍に及んだ。JAFによると、HICが幼児で570以上、成人で700以上になると頭蓋骨骨折の可能性があり、700~2500で死亡の恐れもあるという。

ヘルメット着用有無による後席子供ダミーの頭部損傷基準値(HIC) ⒸJAFヘルメット着用有無による後席子供ダミーの頭部損傷基準値(HIC) ⒸJAF

 JAFでは「最も重要な頭部を守るための唯一の安全装備であるヘルメットを着用することで、事故や転倒時の頭部の被害を軽減できる」としたうえで、「子供は骨の発達が未熟で、より骨折しやすいので、必ずヘルメットを着用するように。また、自転車乗車時には速度超過や一時停止にも注意して、事故そのものを防ぐことも大切」と呼びかけている。

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載