NTTドコモが仙台市とコミュニティサイクル事業 GPSを活用

  • 一覧

 NTTドコモは、仙台市と共同で自転車の共同利用サービス「コミュニティサイクル事業」を展開すると発表した。来年3月から市中心部で開始する。

 コミュニティサイクルは、自転車を使いたい時に、借りたり、返却できるサービスで、欧州の都市部で導入が進んでいる。ドコモはこれまで横浜市や札幌市で同事業を展開している。

付与された暗証番号をディスプレイに入力して利用開始。閉鍵後、終了ボタンを押せば利用終了となる(NTTドコモ報道発表資料より)付与された暗証番号を入力して利用開始。閉鍵後、終了ボタンを押せば利用終了となる(NTTドコモ報道発表資料より)

 コミュニティサイクルは通常、駐輪場に自転車の貸し出しや返却管理、施錠管理などを行う機器や設備を導入する必要があった。しかし、ドコモが仙台市で展開するコミュニティサイクル事業は、自転車本体に通信機能やGPS(全地球測位システム)機能、遠隔制御機能などを搭載。自転車本体で貸し出し、返却管理をできるようにした。導入コストも低く、従来の約3分の1で済むという。

 携帯電話やスマートフォンなどで会員登録すれば誰でも利用できる。約100台の自転車と約10カ所の駐輪場の規模でスタートする。利用料金は今後、詰める。

MSN産経ニュースより)
NTTドコモの報道発表資料

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載