新製品情報ポラールがスポーツ特化のスマートウォッチ「M600」を発表 手首型心拍計とGPS搭載

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧

 ポラール・エレクトロ・ジャパンは10月5日、東京都内で新製品発表会を行い、6LEDの手首型心拍計とGPSを搭載したスポーツ特化型スマートウォッチ「Polar M600」(ポラール エムロッピャク)を発表した。Android Wearを搭載してアプリケーションが利用可能なほか、6LEDで運動時の心拍測定精度を向上するなどスポーツに最適化した。11月に発売予定で、価格は4万4800円(税抜)。

新発売となる「Polar M600」。ブラックとホワイトの2色をラインナップ。交換用ストラップが後日レッドを加えた3色で発売予定 © POLAR新発売となる「Polar M600」。ブラックとホワイトの2色をラインナップ。交換用ストラップが後日レッドを加えた3色で発売予定 © POLAR

6LEDでスポーツ時の心拍計測がより正確に

Polar M600の実機。液晶画面はA360に比べて大きく、かつ精細になった Photo: Ikki YONEYAMAPolar M600の実機。液晶画面はA360に比べて大きく、かつ精細になった Photo: Ikki YONEYAMA

 M600は手首型心拍計・体活動量計として昨年登場した「A360」の発展強化版といえる製品。24時間着用することで、歩数や消費カロリーといった活動量や、睡眠の量・質などのモニタリング機能、またスポーツ時の心拍測定機能を備える。ほかにもスマートフォンと連動しての通知機能、クラウドサービス&アプリ「Polar Flow」(ポラール フロー)との連動など、A360の使いやすい基本機能をそのまま受け継いでいる。

 強化されたのは手首での心拍測定機能。測定用のLEDの数をA360の2個から6個に増やしたことで、インターバルトレーニングやラケットスポーツなど、これまで2LEDでは構造上測定エラーが発生しやすかった激しいスポーツの状況下でも、より正確な心拍数の測定が可能になった。10m防水(IPX8)で、水泳も可能。充電は専用USBケーブル経由で行う。

心拍測定時は6個のLEDを使用。充電は専用USBケーブルで接続する Photo: Ikki YONEYAMA心拍測定時は6個のLEDを使用。充電は専用USBケーブルで接続する Photo: Ikki YONEYAMA
トレーニングビューは画面をスクロールさせて最大8画面を切り替え可能。項目のカスタマイズもできる © POLARトレーニングビューは画面をスクロールさせて最大8画面を切り替え可能。項目のカスタマイズもできる © POLAR
100以上のスポーツプロファイルは細分化され、サイクルスポーツ系でもシーンに応じて違うプロファイルを用意 © POLAR100以上のスポーツプロファイルは細分化され、サイクルスポーツ系でもシーンに応じて違うプロファイルを用意 © POLAR

 トレーニング時に100以上のスポーツプロファイルを選択することで、スポーツごとのロジックに基づいて正確な消費カロリーを計測する。またプロファイルごとにトレーニングビューとして、心拍数やゾーン、ラップタイム、スピードなどの情報を18項目から1画面に最大4項目、最大8画面を切り替えて表示できる。出荷時に最適なトレーニングビューがプリセットされるが、さらにユーザーがカスタマイズすることも可能だ。

Android Wearを搭載 先進のスマートウォッチ機能

Android Wear対応の各種アプリが利用可能 © POLARAndroid Wear対応の各種アプリが利用可能 © POLAR

 M600は本格的なスマートウォッチとして、OSにはAndroid Wearを搭載。Android OSのスマートフォンなどと連動することで、Google Playから4000以上のアプリをダウンロードして利用可能だ。GPSを利用した登山のルート確認や、ゴルフのスコア記入など、多彩なスポーツシーンに役立つほか、日常でもメールの確認・返信や、音声操作など、さまざまな便利な機能をM600に導入することができる。

 1.3インチのフルカラーTFTタッチディスプレイを搭載し、前面下部にホームボタンとマイクを装備。本体内には4GBのストレージを搭載し、音楽ファイルを保存してM600からBluetoothヘッドフォンを通じて音楽を再生することも可能だ。本体部とシリコンストラップは分離可能で、交換用にカラーバリエーションを増やしたストラップも来年発売となる。

iOSとの使用は機能に制限も

発表会に登壇した、ポラール・エレクトロ・ジャパンの園部英生社長(左)と、齊藤陽一郎マーケティングマネージャー Photo: Ikki YONEYAMA発表会に登壇した、ポラール・エレクトロ・ジャパンの園部英生社長(左)と、齊藤陽一郎マーケティングマネージャー Photo: Ikki YONEYAMA

 バッテリーはAndroid端末とペアリングした場合、最大2日または8時間のスポーツ・トレーニングが可能。iOS端末とペアリングした場合は、バッテリーライフは最大1日となる。

 なお現状ではiOS端末経由で使用の場合、Google Playを利用してのユーザーアプリケーションのインストールや、音楽機能が使用できないという。

■Polar M600
税抜価格:44,800円
カラー:チャコールブラック、パウダーホワイト
交換用バンド:ポラールレッド(2017年発売)
画面:1.3インチフルカラーTFTタッチディスプレイ(240X240pixel)、
サイズ:幅36mm×長さ45mm×厚さ13mm(本体)
重量:63g
セット内容:Polar M600本体、本体用ベルト、専用マグネット式USBケーブル、スタートガイド
製品ページ:http://www.polar.com/ja/M600

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルアイテム ポラール 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載