「並走はいいか」など一問一答中学校での自転車通学に備え、滋賀県守山の小学校6年生に安全教室

  • 一覧

 中学校での自転車通学に備え、自転車での交通安全意識を高めてもらおうと、滋賀県交通安全協会や守山署などは、滋賀県守山市立速野小学校(同市木浜町)の6年生40人を対象に県運転免許センターで自転車交通安全教室を行った。児童らは教習所のコースを自転車で走ったり、交通ルールの知識を問うテストを受けたりして、理解を深めた。

守山市立速野小学校の6年生を対象に行われた自転車交通安全教室(提供写真)守山市立速野小学校の6年生を対象に行われた自転車交通安全教室(提供写真)

 自転車安全利用指導員らの指導を受けながら、自転車の点検を行ったり、教習所内の道路を実際に走って、踏切や見通しの悪い交差点の渡り方などを学んでいた。また、テストは「自転車で並走してもいいか」などの一問一答で行われ、児童らは真剣な表情で取り組んでいた。

 同署は「『止まれ』の標識で止まるなどの細かいルールが意外と浸透していなかった」と指摘し「早くから安全意識を高めるためにも、地域ぐるみで取り組みを広げていきたい」と話していた。

産経新聞より)

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載