title banner

被視認性を高める「ABCセーフティーキャンペーン」トレックが蛍光カラー使用の限定チームキットを発売 ジャパンカップで選手も着用

  • 一覧

 トレックとトレックのアクセサリーブランド「ボントレガー」が、サイクリストを交通事故から守る「ABCセーフティーキャンペーン」の一環として「トレック・セガフレード」限定チームキットを数量限定で発売する。視認性を高めるビジビリティーイエローを取り入れた「レプリカジャージ」「レプリカビブショーツ」「バリスタヘルメット」の3点で、10月22、23日に宇都宮で開催される「ジャパンカップサイクルロードレース」でファビアン・カンチェッラーラや別府史之もこの特別カラーのチームジャージで出走する。

トレック・セガフレード特別チームキット ©TREKトレック・セガフレード特別チームキット ©TREK

自転車事故の80%は日中に発生

 「ABCセーフティーキャンペーン」とは、自転車メーカーとして「バイクやアクセサリーだけでなく安全性も提供していきたい」と考えるトレックが、サイクリストを交通事故から守るための‟予防策”をアイテムなどを通じて呼びかける活動。

 視覚認知のエキスパートである米クレムゾン大学のリチャード・ティレル博士とサイクリストの視認性と安全性に関する研究を実施し、考案した「A(Always On):デイライトの使用を推奨」、「B(Biomotion):動きのある手足を目立たせる」、「C(Contrast):蛍光カラーとリフレクターの導入」という「ABC」のコンセプトをもとに、11月末までさまざまな商品の発表やメッセージの発信を行うとしている。

ABCセーフティーキャンペーン ©TREKABCセーフティーキャンペーン ©TREK

 ティレル博士の研究によると、自転車事故の80%は実は日中に発生。これに対し、デイライトの使用によって日中でも自分の存在をアピールすることができ、デイライトを使用した場合、しない場合と比べて33%も衝突事故のリスクを低減させるとしている。また、ライド時に手足を効果的に目立たせているサイクリストは最大83%視認されるというデータや、夜間はリフレクターを用いたアイテムを使用することで被視認性を72%高めるというデータも得られた。

 トレックは「ドライバーは運転中多くの情報を視覚から収集しているが、そこに必ずしもサイクリストの存在が入っているわけではない。ドライバーの注意を引くことがサイクリストが自らの安全を守る予防策になる」と呼びかけている。

事故のリスクを減らす蛍光カラー

トレック・セガフレード レプリカジャージ リミテッドエディション©TREKトレック・セガフレード レプリカジャージ リミテッドエディション©TREK

 トレックが「ABCセーフティーキャンペーン」の第一弾として展開するのが「トレック・セガフレード」の特別チームキット。視認性を高めるビジビリティーイエローを取り入れた「レプリカジャージ」「レプリカビブショーツ」「バリスタヘルメット」の3点だ。蛍光カラーをめぐっては、日中でも身に着けることによって事故に遭う危険性を53%減らせるという結果が得られている。

 これらのアイテムは10月上旬には店頭に並ぶ予定としており、数量限定の販売となる。なお、2017年春頃には、リフレクター素材を採用したバーテープやサイクルジャージも発売する予定だという。

トレック・セガフレード レプリカビブ リミテッドエディション ©TREKトレック・セガフレード レプリカビブ リミテッドエディション ©TREK
バリスタ MIPS アジアフィット チームリミテッドエディション ©TREKバリスタ MIPS アジアフィット チームリミテッドエディション ©TREK

■トレック・セガフレード レプリカジャージ リミテッドエディション
サイズ:XS、S、M、L、XL
税込価格:12,000円

■トレック・セガフレード レプリカビブ リミテッドエディション
サイズ:XS、S、M、L、XL
税込価格:13,000円

■バリスタ MIPS アジアフィット チームリミテッドエディション
サイズ:S/M、M/L
税込価格:25,000円

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2016 ジャパンカップ サイクルウェア トレック ボントレガー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載