「チャンスをくれた大門監督に感謝」アレドンドがNIPPO・ヴィーニファンティーニに移籍 かつてのチームメイトと再起誓う

  • 一覧

 日本企業のNIPPOがスポンサードする、イタリア籍のUCIプロコンチネンタルチーム「NIPPO・ヴィーニファンティーニ」に2017シーズン、2014年のジロ・デ・イタリアで山岳賞を獲得したコロンビア人クライマーのジュリアン・アレドンド(トレック・セガフレード)が加入することがチームより発表された。

NIPPO・ヴィーニファンティーニへの移籍が決まったジュリアン・アレドンド(左) ©NIPPO Vini FantiniNIPPO・ヴィーニファンティーニへの移籍が決まったジュリアン・アレドンド(左) ©NIPPO Vini Fantini

故障に苦しんだ2年間

 現在、28歳のアレドンドは、2012~13年に現チームの前身となるコンチネンタルチーム「チームNIPPO」に所属。2013年にツール・ド・ランカウイ総合優勝、ツアー・オブ・ジャパン新人賞、ツール・ド・熊野総合優勝などの好成績を残し、シーズン末にはUCIアジアツアー個人総合ランキングリーダーも獲得した。

現在監督を務める福島晋一らに支えられ、2013年のツール・ド・ランカウイで総合優勝を果たした ©NIPPO Vini Fantini現在監督を務める福島晋一らに支えられ、2013年のツール・ド・ランカウイで総合優勝を果たした ©NIPPO Vini Fantini

 翌2014年にワールドツアーチームである「トレックファクトリーレーシング」(現トレック・セガフレード)へと移籍し、初出場となったジロ・デ・イタリアでは抜群の登坂力を武器にステージ優勝、山岳賞を獲得。しかし2015~16年は腰から背中にかけての故障で成績に恵まれず、厳しいシーズンとなった。

 2017シーズンは、かつてのチームメートに迎え入れられる形で「NIPPO・ヴィーニファンティーニ」に移籍し、大門宏監督や当時チームキャプテンとして戦いをともにした福島晋一監督らと、世界のトップへの再起を狙う。

アレドンド「一時は選手を辞めることも」

 背中の状態が悪化するなか、「一時は選手を辞めることを真剣に考えていた」というアレドンドは今回の契約について、「この2年間は自分の選手人生のなかでもっとも辛い時期だった。それでも自分の可能性を信じ、NIPPO・ヴィーニファンティーニが手を差し伸べてくれたことは非常に重要なチャンスであり、大変嬉しく思っている」とコメント。さらに「再びイタリアと日本、両国のカラーをもつチームに戻れることを幸せに思う。成績のない自分にチャンスを与えてくれた大門監督にも感謝の気持ちでいっぱい。彼は常に父親のような存在」と語った。

2013年のツアー・オブ・ジャパンで新人賞を獲得。純朴で人懐っこい性格もあり、多くの日本人ファンに支えられた ©NIPPO Vini Fantini2013年のツアー・オブ・ジャパンで新人賞を獲得。純朴で人懐っこい性格もあり、多くの日本人ファンに支えられた ©NIPPO Vini Fantini

「同じ過ちを繰り返さないように」大門宏マネジャー/監督のコメント

 ジュリアンにはできれば、ワールドツアーチームで続けてもらいたかった。昨年から複数の要因で背中や腰に故障を抱えていたことは知っていたので、なんとかならないものか時々、本人とも会いながら自分なりに考えていた。

 チームNIPPOから移籍した翌年、シーズン開幕早々いきなりツール・ド・サンルイスで2勝し、レベルが高いと評判のティレーノ〜アドリアティコでも総合5位に食い込み、その勢いはジロでもいかんなく発揮され、ステージ優勝、山岳賞に輝いた。

 彼は決して特別なプロジェクトや英才教育を受けて育ってきたタイプではなく、チームNIPPOからワールドツアーチーム、ジロの山岳賞に至るまで、ハングリー精神だけで駆け上がってきた印象が強い。ただし天才や強豪がひしめくトッププロの世界で、ハングリー精神だけで、真のエースに登りつめることは簡単ではなかった。

 「そのうち痛みはなくなる、こんなはずじゃない」と、本格的に故障を治すことに先延ばしし、治療やリハビリに専念せずに悪化させてしまったことを、今年に入って彼も強く反省していた。さっそく、この秋から我々の推奨する医療機関で治療、リハビリに入る予定だ。

 これからはこういった故障とも真剣に向き合い、二度と同じ過ちを繰り返さないように頑張ってほしいと思っている。そして厳しいトレーニングにも耐える新たな身体でレースに臨み、山岳で活躍する彼の勇姿を今から楽しみにしている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

移籍・引退

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載