初の開催、田園風景と秋の味覚満喫新米の塩むすび頰張り栃木・高根沢を疾走 「たかポタ」にサイクリスト100人

  • 一覧
元気にスタートを切る「たかポタ」参加者ら元気にスタートを切る「たかポタ」参加者ら

 自転車で栃木県高根沢町を散策するポタリングのイベント「たかポタ」が9月24日、同町元気あっぷむら(同町上柏崎)を発着点に開かれ、約100人の自転車愛好家が参加した。出発前には新米の塩むすびが振る舞われ、途中の休憩所でも秋の味覚を用意して参加者を歓迎した。

 ポタリングは順位やタイムを競わず、各自のペースで走る自転車イベント。体験型の観光イベントとしても注目され、初開催の「たかポタ」は60kmと35kmのコースを設定。大半が町外からの参加だった。

 開会式では、同町産コシヒカリ約10kgで160人分の塩むすびが用意され、参加者が「いただきます」と声を合わせて頬張った。福島県郡山市の小学3年、難波瞭太郎(りょうたろう)君(8)と2年、孝次郎君(7)の兄弟は「新米はおいしい」とエネルギー補給。父親の会社員、勝(まさる)さん(38)は「実家が宇都宮。子供と参加できるイベントは楽しみ」と張り切って出発した。

 小雨が降ったりやんだりする中、参加者は10人程度に分かれて時差スタート。先導するガイドライダーと共に稲刈りが進む田園風景を眺めながらペダルをこいだ。

産経ニュースより)

この記事のタグ

大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載