第29回全日本BMX選手権大会長迫吉拓が全日本2連覇達成 新種目のタイムトライアルも制する

  • 一覧
エリート男子優勝の長迫吉拓(ゼッケン993)エリート男子優勝の長迫吉拓(ゼッケン993)

 BMXレースの全日本チャンピオンを決める全日本選手権大会が10月27日と28日、静岡県伊豆市の日本サイクルスポーツセンターで開催され、エリート男子では長迫吉拓が優勝し、昨年に続いての2連覇を達成した。2位に松下巽、3位に吉村樹希敢が入った。そのほかエリート&ジュニア女子では山野本悠里、ジュニア男子では吉井康平が優勝した。

 第29回を迎えた今大会より、タイムトライアルが新種目として導入された。これは決勝トーナメントのシーディングも兼ねて行われ、男子エリートは長迫吉拓がトップタイムを出したほか、エリート&ジュニア女子とジュニア男子でも決勝トーナメントと同じ山野本悠里と吉井康平が優勝した。

エリート男子表彰。左から2位の松下巽、優勝の長迫吉拓、3位の吉村樹希敢。長迫は2連覇を達成したエリート男子表彰。左から2位の松下巽、優勝の長迫吉拓、3位の吉村樹希敢。長迫は2連覇を達成した

エリート男子決勝
優勝 長迫吉拓(岡山県)
2 松下巽(神奈川/GT)
3 吉村樹希敢(大阪府/CREDIT raceing)
4 三瓶将廣(神奈川/REDLINE Bicycles)
5 阪本章史(大阪府/DIATECH Products)
6 髙山祐次郎(埼玉県/Groovy Factory,AST)
7 高橋堅太(岡山県/SPEED)
8 草間亮介(新潟県/HARO)

ジュニア男子決勝
優勝 吉井康平(東京都)
2 瀬古祐太(三重県)
3 吉村啓斗(大阪府)

エリート&ジュニア女子決勝
優勝 山野本悠里(広島)
2 飯端美樹(大阪府)
3 渡辺楓(岡山県)

(写真・情報提供 全日本BMX連盟)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

BMX

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載