東海地方のシリーズ戦ロードレース雨中のアタック合戦を野中竜馬が逃げ切りで制する キナンAACAカップ第9戦

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 東海地方のロードレースシリーズ「KINAN COUPE DE AACA」(キナンAACAカップ)は9月18日、2016年シーズンの第9戦を岐阜県海津市の国営木曽三川公園 長良川サービスセンター前特設コースで開催した。メインレースの1-1クラス(112.2km、5.1km ×22周回)は、降りしきる雨の中で終始アタックの応酬となり、レース終盤に抜け出したキナンサイクリングチームの野中竜馬が後続の追い上げをかわして逃げ切り勝利した。

最終周回で独走に持ち込んだ野中竜馬が逃げ切り優勝 Photo: Syunsuke FUKUMITSU最終周回で独走に持ち込んだ野中竜馬が逃げ切り優勝 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

雨天でも序盤から激しい展開

メインの1-1クラススタート前 Photo: Syunsuke FUKUMITSUメインの1-1クラススタート前 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 8月に開催された第8戦は、荒天の影響で1-1クラスがキャンセル。2カ月ぶりのメインレース実施となった。また、今回も台風16号の影響で天候が心配されたが、雨が降る一方で、風は穏やかだったこともありレースに支障をきたすことはないと判断。予定通り実施された。コースはスタート・フィニッシュライン前後に小さな上りと下りがあるが、それ以外はオールフラット。レース距離に関係なく、毎回スピード感のある勝負が展開されるのが特徴だ。

 ホストチームであるキナンサイクリングチームは、阿曽圭佑、伊丹健治、阿曽光佑、野中竜馬、中西重智の5選手が出場。今月初旬に行われたツール・ド・北海道に出場した阿曽圭佑、伊丹、野中に、ここまで調整を続けてきた阿曽光佑と中西が合流。翌週に控えるJプロツアー2連戦に向けて、重要な位置づけの一戦となった。

 スタートから次々とアタックが生まれ、3~5人程度の逃げグループが形成されかけてはメイン集団に吸収される動きがしばらく繰り返された。均衡が破られたのは、4周回目の後半。6選手が集団から抜け出しを図り、そのままレースをリードした。

雨の中熱いレースが展開された Photo: Syunsuke FUKUMITSU雨の中熱いレースが展開された Photo: Syunsuke FUKUMITSU
フィードゾーンを通過するプロトン Photo: Syunsuke FUKUMITSUフィードゾーンを通過するプロトン Photo: Syunsuke FUKUMITSU

逃げと吸収から阿曽圭佑がアタック

 先行したのは、中村龍太郎、豊田勝徳(ともにイナーメ信濃山形)、中井路雅(京都産業大学)、浜田大雅(EQADS)、森﨑英登(愛産大工高)、そしてキナンの伊丹というメンバー。力のある選手がそろい、均等に先頭交代を繰り返しながらメイン集団に対し15~25秒のリードで進行した。だが、やがて浜田と森崎が遅れ、逃げグループは4人となる。後方に控えるメイン集団もペースを上げ、前との差を縮めていく。

レース後半に形成された逃げグループ Photo: Syunsuke FUKUMITSUレース後半に形成された逃げグループ Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 残り10周回を迎えようかというところで、逃げていた4人はメイン集団に吸収された。すぐさま数選手がカウンターアタック。出入りが激しくなり、ここで中井、そして中西健児(同志社大学)にキナン勢から中西重智が加わり、再び逃げグループが形成され たかに思われた。しかし、残り7周回となったところで先行していた数人に落車が発生し、逃げは一旦崩れてしまった。

 それでも残り5周回で再び中井、中西健児、中西重智がリードを開始。さらに中井のチームメートである曽我部厚誠が加わり、4人がメイン集団に対し20秒以上の差を得る。それでも、メイン集団は容認せず、次の周回でレースは振り出しに戻る。集団が1つになり、一瞬ペースが緩んだところで飛び出したのは、阿曽圭佑。勢いのあるアタックは、後続との差をグングンと広げていった。

合流した野中が今シリーズ3勝目

終盤抜け出した阿曽圭佑(左)と野中竜馬のキナン勢 Photo: Syunsuke FUKUMITSU終盤抜け出した阿曽圭佑(左)と野中竜馬のキナン勢 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 次の周回に入ると、メイン集団から野中が抜け出し、阿曽圭佑に合流。キナン勢2人が先行すると、その差は一気に45秒にまで広がった。後続も追撃を始めるが、先頭2人は十分なリードを保ったままラスト1周回の鐘を聞いた。

 メイン集団では、中村や京都産業大学勢が懸命の追走。さらには中西健児がアタックで前方を狙う。レースをモノにしたかと思われた先頭では、残り半周を切ったところで阿曽圭佑が遅れ、野中の単独逃げへと状況が変わる。こうなると勢いはメイン集団が勝る。

 それでも、確保した貯金を生かした野中がトップで最終コーナーへ。フィニッシュ前の上り区間もクリアし、そのままフィニッシュラインを通過。第3戦、第4戦の総合優勝に続く、今シーズンのシリーズ3勝目を決めた。全戦のポイントで争うシリーズ総合順位でも、首位を行く野中がリードを広げている。

 レース中降り続いた雨の影響もあり、選手たちは一様にジャージやバイク、そして顔にも多くの泥が飛んだ。戦いを終え、会場内の水道を使って水浴びをする姿が印象的だった。

長良川をバックに優勝の野中 Photo: Syunsuke FUKUMITSU長良川をバックに優勝の野中 Photo: Syunsuke FUKUMITSU
思い思いにレースを振り返るキナン勢5選手 Photo: Syunsuke FUKUMITSU思い思いにレースを振り返るキナン勢5選手 Photo: Syunsuke FUKUMITSU
レースで体についた泥を水道水で落とす選手たち Photo: Syunsuke FUKUMITSUレースで体についた泥を水道水で落とす選手たち Photo: Syunsuke FUKUMITSU
優勝した野中の表彰 Photo: Syunsuke FUKUMITSU優勝した野中の表彰 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

■第9戦1-1クラス(112.2km、5.1km ×22周回)結果
1 野中竜馬(キナンサイクリングチーム)
2 曽我部厚誠(京都産業大学)
3 伊丹健治(キナンサイクリングチーム)
4 松井大悟(トンデモクラブ)
5 吉岡優斗(立命館大学)

■2016ポイントランキング(第9戦終了時)
1 野中竜馬(キナンサイクリングチーム) 1232pts
2 ジェゾン・ヴァラド(ニールプライド・南信スバルサイクリングチーム) 768pts
3 中村龍太郎(イナーメ信濃山形) 512pts
3 山本雅道(シエルヴォ奈良 MIYATA-MERIDA レーシングチーム) 512pts

レース内でのトライアウトを継続

熊野地域の豊かな自然の中で繰り広げられる国際レース「ツール・ド・熊野」 Photo: Syunsuke FUKUMITSU熊野地域の豊かな自然の中で繰り広げられる国際レース「ツール・ド・熊野」 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 レースにおける積極性や、若手育成をコンセプトに据えるKINAN COUPE DE AACA。このほど、このシリーズ戦においてキナンサイクリングチーム入団を目指す選手のトライアウトと、UCI2.2クラスのステージレースであるツール・ド・熊野で特別編成されるチームの選手選考を、継続して行うことが決定。7月に正式発表された。

 今年6月のツール・ド・熊野では、本シリーズに参戦経験のある大学生から6選手が選考され、選抜チームとして出場。小玉凌(中京大学)が唯一最終ステージまで残るなど (最終ステージでリタイア)、学生選手にレベルの高いUCIレースを体験させる場が設けられた。

 この取り組みが一定の成果を挙げたことにより、今後もツール・ド・熊野出場を賭けた選手の選考と、さらには UCIアジアツアーやヨーロッパツアーを主戦場とする キナンサイクリングチームのスカウティングの場として、KINAN COUPE DE AACAが活用されることとなった。シリーズのねらいにあるように、レース順位よりも、プロ選手が多数出場する中で、どれだけ果敢な姿勢を見せられるかが重要視される。

 対象はアンダー23(23歳未満)の選手に限定。出場申込時にトライアウト希望の意思表示を行うだけで、候補選手の1人となることができる。

大好評のレーススキルアップ講座

 キナンサイクリングチームの選手が講師を務める「レーススキルアップ講座」は、レース前後の ライダーたちがその場で無料参加でき、すぐに実践できるのが大きな魅力だ。

 今回のテーマは「ストレッチ」。故障を防ぐために必要な、ライド前後で行うストレッチ や、体幹を鍛えるトレーニング方法をキナンの選手が直々にレクチャーした。

大好評のレーススキルアップ講座では、ストレッチや体幹トレーニングがテーマとなった Photo: Syunsuke FUKUMITSU大好評のレーススキルアップ講座では、ストレッチや体幹トレーニングがテーマとなった Photo: Syunsuke FUKUMITSU
バランスボールを使ったトレーニング法を見せる阿曽圭佑 Photo: Syunsuke FUKUMITSUバランスボールを使ったトレーニング法を見せる阿曽圭佑 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 参加者からの質問も多く寄せられ、それにプロ選手たちが丁寧に答えてくれるのもうれしい。講座を終える頃には、参加者からストレッチ用のマットやバランスボールをすぐに買って取り組みたいといった声が聞かれた。

参加者がプロ選手たちと一緒に実践できるのがレーススキルアップ講座の魅力 Photo: Syunsuke FUKUMITSU参加者がプロ選手たちと一緒に実践できるのがレーススキルアップ講座の魅力 Photo: Syunsuke FUKUMITSU
レーススキルアップ講座参加者とキナンサイクリングチームのメンバーで記念撮影 Photo: Syunsuke FUKUMITSUレーススキルアップ講座参加者とキナンサイクリングチームのメンバーで記念撮影 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

フォトギャラリー


この記事のタグ

AACAカップ キナンサイクリングチーム ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載