豪雨に見舞われるも完走率は9割超「淡路島ロングライド150」を1662人が完走 雨のなか楽しんだ“アワイチ”

  • 一覧

 淡路島1周「アワイチ」約150kmを自転車で走破する「『淡路島』日本遺産認定記念2016淡路島ロングライド150」(同実行委員会主催、産経新聞社など後援)が9月19日、兵庫県の淡路島内3市で開催された。7回目の今年は雨に見舞われたが、1803人が参加し、1662人が完走した。

「淡路島ロングライド150」で明石海峡大橋をバックに力走する参加者=9月19日、兵庫県淡路市(中野謙二撮影)「淡路島ロングライド150」で明石海峡大橋をバックに力走する参加者=9月19日、兵庫県淡路市(中野謙二撮影)
「淡路島ロングライド150」で雨の中、力走する参加者=9月19日、淡路市(中野謙二撮影)「淡路島ロングライド150」で雨の中、力走する参加者=9月19日、淡路市(中野謙二撮影)

 参加者は午前5時45分から順次、淡路市の国営明石海峡公園をスタートし、時計回りに島を1周。タイムを競うレースではないが、トップは同11時10分に同公園にゴールした。雨が降ったりやんだりする不安定なコンディションで、昼前には道路に水がたまるほどの豪雨に見舞われたが、午後4時30分の制限時間までの完走率は92.2%だった。コースの4カ所に「エイドステーション」が設けられ、豚汁などが提供された。

 ゴール地点では場内アナウンスで到着した人の名前が呼ばれ、ゴールした人は「クイーン淡路」の高橋ユリアさん、斎藤莉奈さんと記念写真を撮っていた。

 自転車歴1年足らずで初めて参加したという宝塚市の保育士、大芝真美さん(23)は「めっちゃ楽しかった。豪雨になって大丈夫かと思ったけど、それはそれで面白かった。景色がきれいで海が見えるのがいい。距離も長いので完走すると満足感があります」と楽しんでいた。

産経ニュースより)

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載