来季から2年契約新城幸也、新ワールドツアーチーム「バーレーン・メリダ」に移籍 ニバリとチームメイトに

  • 一覧

 新城幸也(ランプレ・メリダ)が来季、2017年から新たに発足するUCIワールドツアーチーム「バーレーン・メリダ プロサイクリングチーム」へ移籍することが決まった。新城本人が9月19日、発表した。バーレーン・メリダをめぐっては今年8月、現役最高峰のプロロードレーサーの一人、ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム)が来季からの移籍を発表。新城は今後、チームメイトとして活躍することになる。

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016、第17ステージで最初の峠を下る新城幸也(2016年9月7日) Photo: Yuzuru SUNADAブエルタ・ア・エスパーニャ2016、第17ステージで最初の峠を下る新城幸也(2016年9月7日) Photo: Yuzuru SUNADA

 新城幸也の動向を伝える「Teamユキヤ通信」によると、新城はランプレ・メリダとの契約を2016年末で終了。バーレーン・メリダとは2017年、2018年の2年間契約で合意した。

 新城側は、来季からランプレ・メリダのメインスポンサーが中国企業になるなど、運営体制が大幅変更することを受け、今シーズン半ばから移籍の意向を表明。複数のワールドツアーチームと交渉してきた。

 ランプレ・メリダからバーレーン・メリダに移るゼネラルマネージャー、ブレント・コープランド氏が新城の実績を高く評価したことなどから、契約締結に至った。新城が信頼する監督、スタッフ陣もすでに新チームへの加入が決まっているという。

 バーレーン・メリダはバーレーン王国がスポンサーとなり、UCIにワールドツアーライセンスを申請中。機材サポートもメリダが行う。ニバリの移籍決定など、加入選手が注目されていた。

「チームの明るい未来作る」

新城幸也の話 「私の経験と仕事に多大な評価をいただき、ありがとうございます。自分のスキルと経験はきっとバーレーンメリダに貢献できると思います! それは私の大きな喜びです。そのために、私は全力で期待にこたえます。

 私は全く何も心配していません。新しいチーム、新しいチームメイト、スタッフのすべて信頼によって結ばれています。そこにはさまざまな国籍のライダーが所属します。しかし、言語は重要ではありません。私たちはプロですからチームの勝利のために同じ目標を持っています。私たちは、チームの明るい未来を作っていきます」

「真のプロ選手」高く評価

ブレント・コープランドGMの話 「バーレーン・メリダのゼネラルマネージャー、ブレント・コープランドは新城幸也との契約を発表する。ユキヤとの契約はバーレーン・メリダにとって大きな喜びだ。

 まず第1に、彼はこれまでとても明確なレースでの走り(結果)を見せてきた、それはすばらしい成績と言えるレベルの選手だ。例えば今年だけでも、シーズン序盤の落車による大腿骨骨折から非常に短期間でトレーニングを再開し、驚いたことにわずか数カ月でレースに復帰さえした。これは彼が真のプロ選手であり、選ばれたアスリートであることを表す見事な一例である。

 また彼の安定した成績は、優れたチームメイト(エース)がもし彼を必要とすれば、同じだけの能力で仕事を全力でこなしている証である。

 第2に、日本の選手と契約することによってバーレーン・メリダは国際的なチームであることを示すことができる。そしてそれはチームにとって極めて重要なことでもあるのだ。我々は来年、ユキヤがバーレーン・メリダのウェアに身を包むのを楽しみにしている」

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ランプレ・メリダ 新城幸也 移籍・引退

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載