男子ロード、石井雅史はリタイアリオパラリンピック、鹿沼由理恵は2つ目のメダルならず 女子タンデム個人ロードで10位

  • 一覧

 リオデジャネイロ・パラリンピックは9月17日、自転車競技の女子タンデム個人ロードレース(視覚障害)が行われ、鹿沼由理恵(楽天ソシオビジネス)は2時間7分23秒で10位だった。鹿沼は14日のロードタイムトライアルで銀メダルに輝いたが、2つ目のメダル獲得には至らなかった。優勝はポーランドのイボナ・ポトコシチェルナ。

女子タンデム個人ロードレースでスタートする鹿沼由理恵。左はパイロットの田中まい(共同)女子タンデム個人ロードレースでスタートする鹿沼由理恵。左はパイロットの田中まい(共同)

 女子ロードレースはリオ西部、ポンタルの海岸沿いと山道を組み合わせた69kmで行われた。鹿沼は後半の上りでの遅れを取り返すことができぬまま、1位から9分21秒遅れでゴールした。

 この日は男子個人ロードレース(運動機能障害C4、5)も行われ、日本の石井雅史(藤沢市みらい創造財団)はリタイアに終わった。優勝はオランダのダニエル・ヘーブル。

この記事のタグ

2016リオパラリンピック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載