title banner

【Teamユキヤ通信】ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 第21ステージチーム最年長として走り、感じ、学んだブエルタ 新城幸也10回目のグランツール完走

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 ブエルタ・ア・エスパーニャは9月11日、最終の第21ステージが行われ、マドリード中心地の周回コースを経てゴールスプリントに挑んだ新城幸也(ランプレ・メリダ)は12位でフィニッシュ。自身10回目のグランツールで完走を果たした。

完走を労うチームスタッフたちと共に photo: Miwa IIJIMA完走を労うチームスタッフたちと共に photo: Miwa IIJIMA

 ゴールスプリントに至るまでの様子について、新城は「最終日、昨日の調子からすると良い感触なので、確実なスプリントを狙いにいった。ルイ・メインティスも助けてくれて、周回中は常に良い位置をキープして走ることができた。チームに列車はなく1人なので、最後の1周はリスクを負った走りだったが、最終コーナーを勝負できる位置で曲がれた」と振り返る。

 ただ、トップ10入りはならず、「最後は脚の力の差。スプリントで上位にいくにはもう一段自分にスプリントの脚が足りなかった。しかし、徐々にではあるがスプリントの感触が良くなっているのを感じられたのはよかった」と分析する。

レース後、バスに戻り監督と話す新城幸也 photo: Miwa IIJIMAレース後、バスに戻り監督と話す新城幸也 photo: Miwa IIJIMA
新城幸也が12位に入ったゴールスプリント photo: Miwa IIJIMA新城幸也が12位に入ったゴールスプリント photo: Miwa IIJIMA

 さらに、「今回のブエルタはチーム最年長として走り、様々なことを感じ、学んだ。10回目のグランツールを終え、まだまだこの舞台で走り続けていたいと強く感じた。ずっと調子良く走れていたので、次のエネコツアーが楽しみです。3週間、応援ありがとうございました!」とコメントした。

 新城は9月19日から9月25日、オランダとベルギーで開催される「エネコツアー」(ワールドツアー)に出場する。

この記事のタグ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 ブエルタ2016・ユキヤ通信

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載