title banner

国内出場チームも決定カンチェッラーラの引退レースはジャパンカップクリテリウム 海外チームの出場選手を発表

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧

 10月21〜23日に宇都宮市で行われるアジア最高位のワンデイロードレース「2016 ジャパンカップサイクルロードレース」の記者発表が9月13日午前、東京・恵比寿のスバルスタースクエア(スバル恵比寿ショールーム)で行われ、出場チームや海外チームの出場選手などが発表された。宇都宮市長の佐藤栄一市長も会見に出席し、「市制120周年、大会25周年ということで、今までにない大会にしたい」と大会にエールを送った。

会見に登壇した(左から)絹代さん、JALの田野井裕美さん、日本自転車競技連盟の大島研一副会長、佐藤栄一宇都宮市長、大会オブザーバーの今中大介さん、TOJイベントディレクター栗村修さん Photo: Yoshihiko Fukumoto会見に登壇した(左から)絹代さん、JALの田野井裕美さん、日本自転車競技連盟の大島研一副会長、佐藤栄一宇都宮市長、大会オブザーバーの今中大介さん、TOJイベントディレクター栗村修さん Photo: Yoshihiko Fukumoto

25周年のキーワードは「エクセレント」

 ジャパンカップは昨年の大会後にUCI(国際自転車競技連合)から大会運営が「エクセレント」だったと評価を受けたという。25周年を迎える今年の大会もさらに盛り上げるため、「25thエクセレントプロジェクト」として、様々な取り組みを進めている。

出場チームや大会プログラムを発表した(左から)MCの絹代さん、TOJイベントディレクターの栗村修さん、大会オブザーバーの今中大介さん Photo: Yoshihiko Fukumoto出場チームや大会プログラムを発表した(左から)MCの絹代さん、TOJイベントディレクターの栗村修さん、大会オブザーバーの今中大介さん Photo: Yoshihiko Fukumoto

 22日に宇都宮市街地で行われるクリテリウムは、昨年までの1周1.55kmから、2.25kmにコースが延長された。パレード2周、レース15周の、38.25kmで争われる。メインレースの前に、全国の有力高校10校による「ホープフルクリテリウム」や、ガールズ競輪によるスペシャルレースが行われる。

 23日のロードレースでは、宇都宮森林公園で昨年と同じ10.3kmの周回コースを使用。14周回する144.2kmでレースが行われる。今年は下りきった直角コーナーの横に新たな観戦ゾーンを設け、観客が楽しめるエリアを増やす。また地元の小学生らがスミレの花を育て、コース脇を飾る「ウェルカムフラワー」プロジェクトも進行中だ。

会場に展示された出場各チームのジャージやバイク Photo: Yoshihiko Fukumoto会場に展示された出場各チームのジャージやバイク Photo: Yoshihiko Fukumoto

 またチームプレゼンテーションが行われる21日午後には、東京・浅草駅から東武宇都宮駅までノンストップで走る「ジャパンカップトレイン」が運行。大会期間中にはメーカーなどのブース出展などが行われる「ジャパンカップストリート」「サイクルストリート」が、クリテリウムが行われる大通りに直結するバンバ通り、東武馬車道通りで開催される。

 このほか大会2週間前の8、9日に、ロードレースのコースの一部を使って最新自転車に試乗できる「ジャパンカップサイクルフェスタ試乗会」が森林公園で、1〜22日に大会グッズやオリジナルメニューを提供する「ジャパンカップミュージアム」が市街地の下野新聞ニュースカフェで開かれる。

国内出場チームがほぼ確定

 今年のジャパンカップに出場する海外チームはすでに決定していたが、国内コンチネンタルチームはUCIランキングや国内UCIレースでのポイントを基準に選抜される。9月1〜3日に開催された「ツール・ド・北海道2016」の結果を受けて、出場チームがほぼ確定した。

東京・恵比寿で開かれた「2016 ジャパンカップサイクルロードレース」記者会見 Photo: Yoshihiko Fukumoto東京・恵比寿で開かれた「2016 ジャパンカップサイクルロードレース」記者会見 Photo: Yoshihiko Fukumoto

 国内からは9月末までのUCI大陸チームランキングから、「チームUKYO」「キナンサイクリングチーム」「ブリヂストンアンカー サイクリングチーム」の3チームが選出されることが確実になった。また国内の大会実行委員会指定対象レースでポイント上位に入った「宇都宮ブリッツェン」「マトリックスパワータグ」の2チーム、さらに主催者招待枠として「那須ブラーゼン」が出場する見込みだ。

 キナンサイクリングチームが、設立2年目で初出場を果たす。国内有力チームでは、愛三工業レーシングチーム、シマノレーシングチームが落選となった。

 このほか、出場しないチームに所属する有力選手から構成した「日本ナショナルチーム」が出場。また、国内外の選手で構成された「クリテリウムスペシャルチーム」が、22日のクリテリウムのみに出場する。

カンチェッラーラが引退レース

数々のビッグレースで勝利を飾ってきたカンチェッラーラは現役最後の今年、リオデジャネイロ・オリンピックの個人タイムトライアルでも金メダルを獲得した Photo: Yuzuru SUNADA数々のビッグレースで勝利を飾ってきたカンチェッラーラは現役最後の今年、リオデジャネイロ・オリンピックの個人タイムトライアルでも金メダルを獲得した Photo: Yuzuru SUNADA

 この日は海外招聘チームと、クリテリウムスペシャルチームの出場予定メンバーが発表された。

 昨年の大会で別府史之がクリテリウム、バウケ・モレマ(オランダ)がロードレースを制して完全優勝したトレック・セガフレードは、両ディフェンディングチャンピオンが今年もメンバー入り。さらに今季で引退するスーパースター、ファビアン・カンチェッラーラ(スイス)が引退レースとして、クリテリウムに出場することが決まった。別府は発表会にメッセージを寄せ、「クリテリウム2連覇を狙います!」と宣言した。

昨年日本人選手として初めてジャパンカップクリテリウムを制した別府史之(中央) Photo: Syunsuke FUKUMITSU昨年日本人選手として初めてジャパンカップクリテリウムを制した別府史之(中央) Photo: Syunsuke FUKUMITSU
昨年大会のロードレースを制したバウケ・モレマ(中央)と、3位の新城幸也(右) Photo: Naoi HIRASAWA昨年大会のロードレースを制したバウケ・モレマ(中央)と、3位の新城幸也(右) Photo: Naoi HIRASAWA
37歳でパリ~ルーベ初優勝を飾ったマシュー・ヘイマン(オーストラリア、オリカ・バイクエクスチェンジ) Photo: Yuzuru SUNADA37歳でパリ~ルーベ初優勝を飾ったマシュー・ヘイマン(オーストラリア、オリカ・バイクエクスチェンジ) Photo: Yuzuru SUNADA

 昨年3位に入った新城幸也(ランプレ・メリダ)はチームのエースとして出場。このほか今年のパリ〜ルーベ覇者、マシュー・ヘイマン(オーストラリア、オリカ・バイクエクスチェンジ)をはじめ、ダミアーノ・クネゴ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)、マヌエーレ・モーリ(イタリア、ランプレ・メリダ)、テイラー・フィニー(アメリカ、BMCレーシングチーム)らが出場予定だ。

 クリテリウムスペシャルチームでは、地元宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光のほか、トラックレースで活躍するスプリンターのテオ・ボス(オランダ)、またエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)の海外勢、さらに競輪S級の渡辺一成、金子幸央の5人が出場する。

 各チームの発表メンバーは以下の通り。

●トレック・セガフレード
バウケ・モレマ(オランダ)
別府史之(日本)
ファビアン・カンチェッラーラ(スイス) ※クリテリウムに出場
グレゴリー・ラスト(スペイン)
ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー)
エウジェニオ・アラファーチ(イタリア) ※ロードレースに出場

●BMCレーシングチーム(暫定)
テイラー・フィニー(アメリカ)
マヌエル・クインツィアート(イタリア)
ジョセフ・ロスコフ(アメリカ)
アマエル・モワナール(フランス)
テイラー・エイセンハート(アメリカ)

●キャノンデール・ドラパック
(調整中)

●ランプレ・メリダ
新城幸也(日本)
マッテーオ・ボーノ(イタリア)
マッティーア・カッタネオ(イタリア)
マヌエーレ・モーリ(イタリア)
シモーネ・ペティッリ(イタリア)
ヴァレリオ・コンティ(イタリア) ※リザーブ
プシェメスワフ・ニエミエツ(ポーランド) ※リザーブ
ルカ・ピベルニク(スロベニア) ※リザーブ

●オリカ・バイクエクスチェンジ
マシュー・ヘイマン(オーストラリア)
クリストファー・ユールイェンセン(デンマーク)
ジャック・ヘイグ(オーストラリア)
クリスチャン・メイヤー(カナダ)
ニコラス・シュルツ(オーストラリア)

●チーム スカイ
(調整中)

●NIPPO・ヴィーニファンティーニ
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
グレガ・ボレ(スロベニア)
イウリィ・フィロージ(イタリア)
ジャコーモ・ベルラート(イタリア)
窪木一茂(日本)※クリテリウムに出場
小石祐馬(日本)※ロードレースに出場
山元元喜(日本)※リザーブ
ピエールパオロ・デネグリ(イタリア) ※リザーブ

●チーム ノボノルディスク
ステファン・クランシー(アイルランド)
ダヴィ・ロサーノ(スペイン)
ハビエル・メヒヤスレアル(スペイン)
シャルル・プラネ(フランス)
マルティン・フェルスホール(オランダ)
コレンティン・シェラル(フランス) ※リザーブ
ゲルト・デカイザー(オランダ) ※リザーブ
ニコラ・ルフランソワ(フランス) ※リザーブ

●アタッキ・チーム グスト
キャメロン・ベイリー(オーストラリア)
ベンジャミン・ヒル(オーストラリア)
ルー・シャオシュアン(台湾)
フアン・ウェンチュン(台湾)
ティモシー・ガイ(オーストラリア) ※リザーブ
フィリップ・エドワード・オルダー・マーツ(アメリカ) ※リザーブ
ガイ・カーマ(ニュージーランド) ※リザーブ

●クリテリウムスペシャルチーム ※クリテリウムのみ出場
小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)
テオ・ボス(オランダ)
エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)
渡辺一成(競輪S級1班)
金子幸央(競輪S級2班)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2016 ジャパンカップ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載