title banner

【Teamユキヤ通信】ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 第19ステージ新城幸也は強風の個人TTで区間82位 山岳最終決戦に向け「全力を尽くす」

  • 一覧

 9月9日に行われたブエルタ・ア・エスパーニャ第19ステージで、新城幸也(ランプレ・メリダ)はアップダウンを繰り返す37kmの個人タイムトライアル(TT)を、ステージ82位で終えた。

第19ステージの個人タイムトライアルをスタートする新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA​第19ステージの個人タイムトライアルをスタートする新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 ゴール後の新城は、「1分後にスタートした、このタイムトライアルを得意とする選手に、10km地点で追いつかれた」と笑いながらも、「だからそこからは、良いペースメーカーができたというか、快調に走りきることができた」と比較的高い順位でゴールした秘訣を語った。レースは風が強く、リム高が80mmの前輪を使った新城は、何度もハンドルを取られたという。

タイムトライアルはスタート前に全員を対象にメカニカルドーピングスキャンが行われた Photo: Miwa IIJIMAタイムトライアルはスタート前に全員を対象にメカニカルドーピングスキャンが行われた Photo: Miwa IIJIMA

 翌10日に行われる第20ステージは、序盤から4回のカテゴリー2級山岳を繰り返し、ゴールは超級山岳ゴールという最後の山場。総合上位をかけた最後の戦いとなり、各チームの総攻撃で激しいレース展開が予想される。新城も「明日が最終日みたいなものだから、もちろん全力を尽くす!」と意気込んでいる。

この記事のタグ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 ブエルタ2016・ユキヤ通信 新城幸也

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載