バイクインプレッション2012「TIME ZXRS」軽量化より高剛性 ブレない理想が生む非日常的な魅惑

  • 一覧

 TIME(タイム)はカーボンフレームの市場をリードしてきたフランスのメーカー。日本でも競技志向の強いユーザーから絶大な支持を得ている。2013年にはラインナップを一新。注目のハイエンドモデル「ZXRS」を、自転車ジャーナリストの菊地武洋さんが真っ先に試乗した。

TIME ZXRSTIME ZXRS

TIME ZXRS
価格(フレームセット):47万2500円(VIP、ブラックレーベル)
46万2000円(チーム12、ネイチャー)

サイズ:XXS、XS、S、M、L、XL
問い合わせ先:ダイナソア http://www.dinosaur-gr.com/
 

スペック

フレーム:カーボンマルチコック
フォーク:カーボン 1-1/8ー1-1/2インチ
BB:BB30
重量:1490g(フレーム+フォーク)

ZXRSの象徴的な部分といえばヘッド周りだ。トップチューブの外径をアップし、ラグを廃したマルチコック構造になったZXRSの象徴的な部分といえばヘッド周りだ。トップチューブの外径をアップし、ラグを廃したマルチコック構造になった
トップチューブにはUCI(国際自転車競技連合)安全テストをクリアしたギャランティーステッカーが貼られているトップチューブにはUCI(国際自転車競技連合)安全テストをクリアしたギャランティーステッカーが貼られている

インプレッション BY 菊地武洋

 レストランのメニューが一度にほぼ入れ替わったら、それは、もう別の店といっていい。そんなことをするのは店が危機的なときか、よほど自信があるときである。2013年、TIME(タイム)はすべてのモデルを刷新する。

 新しいラインナップは基本設計の異なるZXRS、フルーディティー、NXの3シリーズ。これに完成車専売モデルのファーストを加えた4つの金型から作られる。さらに派生モデルとして、ZXRSにはトライアスロン用のTRI、NXのレース用モデルNXRS、フルーディティーの高性能版Sがある。これほどまでに大幅なラインナップの見直しは、聞いたことがない。

 とは言ってはみたものの、ZXRSを見て「これまた大胆に変更したもんだ」という人はいないだろう。化粧を別にすれば、RXRSアルティームとパッと見で違うのは、トップチューブの“コブ”が大きくなった程度。よほどの“TIMEマニア”でもない限り、細部の違いまで言い当てるのは難しいだろう。

 ところが新旧のトップモデルを隣に置いてみると、小学生の夏休み前後ぐらいに逞しさの違いがある。ZXRSは、タイムの特徴の1つであるヘッドラグがなくなり、ダウンチューブはかなり太くなっているし、左右異形のチェーンステー形状も自己主張が強くなっている。シートチューブとシートステーに旧モデルの面影があるだけで、確かに別モノである。

下側が強化されたヘッドチューブ。ヘッドマークも一新されている下側が強化されたヘッドチューブ。ヘッドマークも一新されている

 ちなみに価格はVIP仕様&ブラックレーベルが47万2500円。チーム12とネイチャーが46万2000円。2013年はライバルメーカーが値下げ傾向にあり、タイムのDi2仕様も5万円以上安くなった。バッテリーケーブル込みだった2012年モデルから、新型は素の状態での販売になったものの、総じて値下げされている。

 タイムというブランドはガチなレーシングパフォーマンスを看板にしてきた。最近はパッとした戦績こそないが、“レース結果は選手次第”という理解が進み、ブランド価値を下げずに現在に至っている。では、ガチか否かは誰が決めているか?

 それは、脚力自慢の素人に他ならない。豪華なパーツで組み上げ、ホビーレースでそれなりの成績を出している人。プロショップの上客たちである。タイムに限らず、高級ブランドの価値を決めているのは、素人からの支持だ。プロがスポンサーのバイクを悪く言うわけがないし、もはや選手の戦績は刺身のつま程度の効果しかない。

 さて、新作のZXRS。旧作とのいちばんの違いは40%ほど向上したメインフレームの“ねじれ”剛性だ。これは一貫してタイムが取り組んでいるテーマで、VXRSからRXRになったときも、さらにRXRSに進化したときも、同じようにねじれ剛性を上げてきた。

 カーボンフレームの歴史はねじれ剛性の向上と軽量化である。タイムはフレーム製作を手掛け始めてから、ずっと前者を優先してきた。ライバルたちが軽さを追い求めても、軽量化には目もくれなかった。2004年に発表したVXRSは軽量という点でもライバルを凌ぐものであったが、今回のZXRSの重量は1490g(フォーク込み)と、お世辞にも軽いとは言えない。

現在、多くのブランドが採用している異形チェーンステーを作り出したのはタイムだ。ZXRSでは、さらにステーのキャラクターに合わせた形状になった現在、多くのブランドが採用している異形チェーンステーを作り出したのはタイムだ。ZXRSでは、さらにステーのキャラクターに合わせた形状になった

 それでも剛性にこだわるのは、高負荷時のスタビリティを重視しているからだ。ZXRSは剛性の低い軽量ホイールと組み合わせると、パフォーマンスが低下する。カンパニョーロ・ボーラでも試乗したが、競技色を強く、選手好みに仕立てるならシャマルのほうがいい。現段階においては、ホイールの剛性は高ければ高いほどZXRSとの相性は良くなる。スタイリング重視の人や、快適仕様を好む人ならボーラも捨てがたい選択ではあるが、タイムの特上を欲しがる人なら、アルミリムの高剛性ホイールは是非とも試してもらいたい。

 話をフレームに戻そう。剛性は「思ったよりも軟らかい」との評価が多かったRXRSの弱点を克服し、ガチガチの一歩手前で寸止めしている。もっとBB周辺の剛性が高いフレームもあるし、タイムもそれと同等以上に剛性を上げることはできたはず。ちなみにメインフレームのねじれ剛性は40%アップしたが、BB周辺に限って言えば17%の向上に留まっている。そう、剛性アップのメインはヘッド部周辺なのである。

 ZXRSがもっとも輝くのは、非日常的な領域においてだ。全開でダッシュしたとき、時速70㎞以上の高速コーナー、ヘアピン手前のフルブレーキングといった時である。レースにでも参加していなければ、そういう危なかっしい状況はそうそう訪れるものじゃない。しかし、現在の高性能バイクの真骨頂とは、非現実的な領域で発せられる。

 時速70㎞からフルブレーキングするなんてことは、滅多にあるもんじゃないが、そこまでやっても大丈夫という安心感は、やはり魅力的と言わざるを得ない。スピードの持つ魅惑とは、その可能性を感じさせられるだけでも十分なのだ。

 しかも悪いことに、低速域においてもZXRSは安物と違う。

リヤブレーキのケーブルは内蔵方式に変更された。内側にガイドがあるので作業性は悪くないリヤブレーキのケーブルは内蔵方式に変更された。内側にガイドがあるので作業性は悪くない

 高級スポーツカーはドアを閉めただけで、ボディ剛性の高さ、気密性といったことをドライバーに伝えてくる。さすがに「サドルに跨がっただけで」とはいかないが、ZXRSは平地で巡航しているときも、「(ペダルを)踏んだら、一気に行く!」感じが伝わってくる。ペダリングも重量も大して軽くないが、速い自転車を粛々と走らせているときに受ける確かな印象は、ホビーライダーが高く評価してきたタイムらしさだ。

 メニューをすべて書き換えるほどの進化があったのか? その答えを出すには他のモデルも試乗する必要があるだろう。ZXRSに乗って一つ言えるのは、彼らが理想とする走り、設計方向にブレがないこと。それは間違いなさそうだ。

菊地武洋菊地 武洋(きくち・たけひろ)
自転車ジャーナリスト。1000台を超える市販ロードバイク試乗体験に基づく評価は、他の追随を許さない。国内外のメーカーやサイクルショーなどの取材経験も豊富。近著「ロード買うなら業界一の自転車バカに訊け!」を7月に発売。東京都生まれ。

関連記事

この記事のタグ

タイム(TIME)のロードバイク

タイム バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載