スマートフォン版はこちら

バイクインプレッション2016「CANYON ENDURACE CF SLX 8.0」 磨き上げられた安定感抜群の最新エンデュランスロード

  • 一覧

 近年のプロロードレースシーンでの活躍が目覚ましい、ドイツのバイクブランド、キャニオン。直接販売専業のバイクブランドで、日本から購入する場合はホームページ上で車種を選択、購入手続きをすると、ドイツ本国から配送される。今回試乗したのは、1世代進化した、新しいエンデュランス系ロードバイク「ENDURACE」(エンデュレース)から、油圧ディスクブレーキに対応したフラッグシップのアルテグラクラス「 ENDURACE CF SLX 8.0」をチョイス。

「CANYON ENDURACE CF SLX 8.0」(キャニオン エンデュレース CF SLX 8.0) Photo: Masami SATOU「CANYON ENDURACE CF SLX 8.0」(キャニオン エンデュレース CF SLX 8.0) Photo: Masami SATOU

CANYON ENDURACE CF SLX 8.0(キャニオン エンデュレース CF SLX 8.0)
価格:441,000円(アルテグラ完成車、税抜)
   *別途日本への配送、梱包費用あり
サイズ:2XS, XS、S、M、L、XL、2XL
カラー:STEALTH – ASPHALT GREY、KEROSENE RED – GREY METALLIC
問い合わせ先:キャニオン・ジャパン https://www.canyon.com/ja/

スペック

フレーム:CANYON ENDURACE CF SLX DISK
フォーク:CANYON ONE ONE FOUR SLX DISK F38
変速機:シマノ・アルテグラ(F)&(R)
ギヤ:シマノ・アルテグラ 52×36T、 11-32T(11s)
ホイール:DT SWISS RR 21 DICUT CL DISK BRAKE
重量: 7.40kg(Sサイズ完成車実測値)

シートチューブは後輪に沿うようにして僅かにカーブしている。快適性の高いオリジナルのシートピラーにも注目 Photo: Masami SATOUシートチューブは後輪に沿うようにして僅かにカーブしている。快適性の高いオリジナルのシートピラーにも注目 Photo: Masami SATOU
ENDURACE CF SLXはすべてディスクブレーキの設定となった Photo: Masami SATOUENDURACE CF SLXはすべてディスクブレーキの設定となった Photo: Masami SATOU
ステム一体型の「CANYON H31 ERGOCOCKPIT CF」はフルカーボン製 Photo: Masami SATOUステム一体型の「CANYON H31 ERGOCOCKPIT CF」はフルカーボン製 Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 キャニオンはこれまでいろいろな車種を試乗してきて、エンデュレースもよく知った乗り味のバイクでしたが、新作のエンデュレースは、更に快適になっていることがわかりました。

米山 これまでのエンデュレースの流れをくみつつも、よりメリハリのついたデザインになったね。乗ってみた感じ、快適性はもちろんのこと、コンパクトながらしっかり足を広げて立っているような安定感の良さが印象深かった。

松尾 キャニオンらしく低重心で、軽い振りと刻みよいリズミカルな加速が特徴として出ていましたね。乗り心地はもちろん良いですが、振動吸収性以外にも油圧ディスクなこともあり、力を使わずにストレスフリーにライドできることが魅力でした。

米山 ディスクブレーキ仕様もエンデュランス系では標準的になってきたね。新型のエンデュレース CF SLXはディスクオンリーで、フレームやフロントフォークなどもディスク専用設計になり、スルーアクスルの採用も相まって安心のブレーキ性能となっている。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 軽い力でも十分な制動力があるディスクブレーキは長距離ライドの味方になるでしょう。今回はパーツ構成が魅力的でしたね。ディスクブレーキのほか、28mmのタイヤはコーナー時の不安定さを微塵も感じさせず、また、足元を引きずる重さはありませんでした。それでいてこの軽さが実現されていることを考えると驚きですよ。

米山 軽くて乗り心地の良いバイクで、ゆっくりのんびりから高速域までまんべんなく対応してくれる。抜群の安定感とともにスポーツとして本格的にロングライドを走るライダーによく合うバイクだね。

松尾 普通のロードモデルと同じく剛性は十分で、車体も軽いので低速からの加速も悪くないですね。レーサーにはディスクブレーキに賛否がありますが、一般ライダーはこういったバイクが一番乗りやすいのかもしれません。

米山 試乗車はキャニオンらしい、ロゴの主張が少ない漆黒のステルスカラーでだったけれど、このモデルにはレッドの設定もある。イベントでもサイクリングロードでも目立つだろうね。

(編集 齋藤むつみ)

 Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

関連記事

この記事のタグ

キャニオン(Canyon)のロードバイク|30~50万円30~50万円のロードバイクキャニオン(Canyon)のロードバイク

30~50万円 キャニオン バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載