title banner

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 第16ステージドリュケールが集団スプリントを制し区間優勝 マイヨロホはキンタナが維持

by 後藤恭子 / Kyoko GOTO
  • 一覧

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第16ステージが9月5日に行われ、ジャンピエール・ドリュケール(ルクセンブルク、BMCレーシングチーム)がゴール前のスプリントを制し、ステージ優勝を果たした。別府史之(トレック・セガフレード)は15位、新城幸也(ランプレ・メリダ)は29位で完走した。

区間優勝を飾ったジャンピエール・ドリュケール(ルクセンブルク、BMCレーシングチーム) Photo: Yuzuru SUNADA区間優勝を飾ったジャンピエール・ドリュケール(ルクセンブルク、BMCレーシングチーム) Photo: Yuzuru SUNADA

後半の向かい風の中勝負がスタート

炎天下を走るプロトン Photo: Yuzuru SUNADA炎天下を走るプロトン Photo: Yuzuru SUNADA

 前日のピレネーで熱戦を繰り広げたプロトンは250㎞以上南下したアルカニスからスタート。気温35℃を超える炎天下の中、バレアレス海に面したコスタ・デル・アサアール(オレンジの花海岸)へと向かう平坦なステージでレースを繰り広げた。

 スタート地点からじわじわと道は登り続け、75.4㎞地点で唯一の山岳、3級カスティーヨ・デ・モレリャ峠(登坂距離3.4㎞、平均勾配5.2%)へと到達する。さらにこの山の直後にケロル峠山頂(標高1040m)まで上り詰め、その後残り約66㎞地点からは緩やかな下り坂が延々と続き、ラスト17㎞は道はほぼ平坦のコースとなる。

ルイスアンヘル・マテ(スペイン、コフィディス ソリュシオンクレディ)を先頭に逃げ続ける集団 Photo: Yuzuru SUNADAルイスアンヘル・マテ(スペイン、コフィディス ソリュシオンクレディ)を先頭に逃げ続ける集団 Photo: Yuzuru SUNADA

 大会2回目の休息日の前日にあたる同ステージは、レース開始15分後にルイスアンヘル・マテ(スペイン、コフィディス ソリュシオンクレディ)ら6人の逃げが決まり、その逃げはレース後半戦まで続いた。

 体力の温存を図っていたメイン集団が先頭集団の6人を襲い始めたのは、ゴールまで残り約26km地点。海からの向かい風に苦しむ先頭集団を背後からジワジワと追い上げ始め、同時に各チームはスプリンターを保護する体制を整えながら、集団内で有利な位置取りを展開し始めた。

 アスタナ プロチームとティンコフ率いるプロトンが先頭集団を徐々に飲み込みはじめ、ゴール手前12kmで完全に逃げは吸収された。残り5kmを切ったところで位置取り争いが激化。団子状態でロータリーが5つ待ち受けるラストの難所3㎞へと突入した。ここは主催者がチームに「要注意」と通知している危険箇所だ。

シャンパンを手にするジャンピエール・ドリュケール(ルクセンブルク、BMCレーシングチーム) Photo: Yuzuru SUNADAシャンパンを手にするジャンピエール・ドリュケール(ルクセンブルク、BMCレーシングチーム) Photo: Yuzuru SUNADA

 チーム ジャイアント・アルペシン、ボーラ・アルゴン18、ロット・ソウダルなどがアタックのタイミングを見計らってせめぎ合う中、残り2.3kmで飛び出したのはダニエーレ・ベンナーティ(イタリア、ティンコフ)。道が小さく、微妙に傾斜している2㎞手前のロータリーを1人でクリアし、椰子の木が立ち並ぶラスト1.3㎞の一本道に突入した。

リーダーの座を守り続けるキンタナ Photo: Yuzuru SUNADAリーダーの座を守り続けるキンタナ Photo: Yuzuru SUNADA

 しかし直線は長く、ジャンニ・メールスマン(ベルギー、エティックス・クイックステップ)率いる後続集団がベンナーティを猛追。力尽きたベンナーティをラスト200mで退け、集団スプリントは伸びを見せたドリュケールが制し、区間優勝を果たした。

第16ステージ結果
1 ジャンピエール・ドリュケール(ルクセンブルク、BMCレーシングチーム) 3時間21分18秒
2 リュディゲル・ゼーリッヒ(ドイツ、ボーラ・アルゴン18) +0秒
3 ニキアス・アルント(ドイツ、チーム ジャイアント・アルペシン) +0秒
4 ジャンニ・メールスマン(ベルギー、エティックス・クイックステップ) +0秒
5 ロレンゾ・マンザン(フランス、エフデジ) +0秒
6 ヨナス・ヴァンフネヒテン(ベルギー、イアム サイクリング) +0秒
7 クリスティアン・スバラーリ(イタリア、ディメンションデータ) +0秒
8 キール・レイネン(アメリカ、トレック・セガフレード) +0秒
9 トッシュ・ヴァンデルザンド(ベルギー、ロット・ソウダル) +0秒
10 ホナタン・レストレポ(コロンビア、チーム カチューシャ) +0秒
15 別府史之(日本、トレック・セガフレード) +2秒
29 新城幸也(日本、ランプレ・メリダ) +2秒

個人総合(マイヨロホ)
1 ナイロアレクサンデル・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム) 64時間57分27秒
2 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) +3分37秒
3 ヨアンエステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・バイクエクスチェンジ) +3分57秒
4 アルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ) +4分2秒
5 サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・バイクエクスチェンジ) +5分7秒
6 サムエル・サンチェス(スペイン、BMCレーシングチーム) +6分12秒
7 アンドルー・タランスキー(アメリカ、キャノンデール・ドラパック プロサイクリングチーム) +6分43秒
8 ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、キャノンデール・ドラパック プロサイクリングチーム) +7分17秒
9 ダビ・デラクルス(スペイン、エティックス・クイックステップ) +7分23秒
10 ミケーレ・スカルポーニ(イタリア、アスタナ プロチーム) +7分39秒
112 新城幸也(日本、ランプレ・メリダ) +3時間28秒
119 別府史之(日本、トレック・セガフレード) +3時間12分0秒

ポイント賞(プントス)
1 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム) 93 pts
2 ナイロアレクサンデル・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム) 86 pts
3 ファビオ・フェッリーネ(イタリア、トレック・セガフレード) 76 pts

山岳賞(モンターニャ)
1 ケニー・エリッソンド(フランス、エフデジ) 56 pts
2 オマール・フライレ(スペイン、ディメンションデータ) 48 pts
3 ロベルト・ヘーシンク(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) 30 pts

複合賞(コンビナーダ)
1 ナイロアレクサンデル・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム) 7 pts
2 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 18 pts
3 ケニー・エリッソンド(フランス、エフデジ) 29 pts

チーム総合
1 BMCレーシングチーム 193時間47分4秒
2 モビスター チーム +24分22秒
3 キャノンデール・ドラパック プロサイクリングチーム +25分10秒

この記事のタグ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 ブエルタ2016・レースレポート

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載