過去最高の765人が参加コウノトリチャレンジ2016 但馬路120kmを自転車で快走 ジオパーク巡る

  • 一覧

 晩夏の但馬路を走る自転車イベント「コウノトリチャレンジライド2016」が9月4日、兵庫県豊岡市城崎町の市立城崎中学校を発着点に行われ、県内外のサイクリストが山陰海岸ジオパークの風景を楽しみながら約120kmを快走した。

完走目指して勢いよくスタートするサイクリストたち=豊岡市城崎町、河合洋成撮影完走目指して勢いよくスタートするサイクリストたち=豊岡市城崎町、河合洋成撮影

 同ジオパークの青い海、緑の高原に親しんでもらおうと始まり、城崎温泉観光協会などでつくる実行委員によると、5回目の今年は北海道から福岡県まで過去最高の765人(兵庫県内426人)がエントリーした。年齢は10~80代と幅広く、女性は61人。
 
同市内の出石町や中嶋神社などをチェックポイントにした高低差最大約400mのコースが設定され、この日午前8時から26組に分かれてスタート。「頑張れ!」の声を受けて飛び出した参加者は青空の下、竹野海岸から神鍋高原、円山川沿いなどを力走した。午後1時半頃、最初の完走者が姿を見せた後、次々にゴールする姿が続いた。

産経新聞・但丹版より)

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載