title banner

【Teamユキヤ通信】ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 第14ステージ狙うは「第16ステージのスプリント」 新城幸也、“得意”ステージに向け温存

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第14ステージをトップから32分37秒差の90位で終えた新城幸也(ランプレ・メリダ)は9月3日、レース後のコメントで2日後の第16ステージのスプリントを狙うと予告した。

ゴール後、チームスタッフにレース展開を話す新城幸也 Photo: Miwa IIJIMAゴール後、チームスタッフにレース展開を話す新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 超級山岳オービスク峠を頂上ゴールとする第14ステージ、新城は逃げは狙わず、終始集団でレースを進めた。個人総合ではトップから2時間6分31秒差の102位となっている。

 ステージを終え、「今日も明日も逃げには動かず集団で待機した。明後日のスプリントのために温存。今日も調子よく走れたので、明日もしっかりと走り切って明後日の第16ステージを狙っていきたい」とコメント。自らに合ったステージに焦点を絞り、メリハリをつけてレースを進める意向を示した。

 5日の第16ステージはアルカニスからペニスコラに至る156.4km。後半は下り基調で最後は完全にフラットと、コースレイアウト的にスプリンターが主役になるとみられている。

この記事のタグ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 ブエルタ2016・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載