新製品情報リドレーの2017年最新機種 フルモデルチェンジした「ヘリウムX」やTTバイク「ディーン」など発表

  • 一覧

ベルギーのバイクブランド「RIDLEY」(リドレー)が2017年のニューモデルを発表した。フルモデルチェンジした軽量モデル「HELIUM X」(ヘリウムX)や、トライアスロン&タイムトライアル(TT)モデル新型「DEAN」(ディーン)、軽量、空力性を兼ね備え、進化を遂げたオールラウンドモデル「FENIX SL」(フェニックスSL)など、注目の車種がラインナップした。

フルモデルチェンジした山岳軽量モデル「ヘリウムX」 ©RIDLEYフルモデルチェンジした山岳軽量モデル「ヘリウムX」 ©RIDLEY

軽量に加え剛性がアップ 「ヘリウムX」

ボリュームアップしたトップチューブ、ヘッドチューブ、ダウンチューブは更なる剛性アップに貢献。ライダーの強靭なパワーをロスすることなく受け止める ©RIDLEYボリュームアップしたトップチューブ、ヘッドチューブ、ダウンチューブは更なる剛性アップに貢献。ライダーの強靭なパワーをロスすることなく受け止める ©RIDLEY

 フロントトライアングルは従来モデルの「ヘリウム」よりボリュームアップさせ剛性を強化。一方で重量はほぼ据え置きの900gを達成した。ヘリウムシリーズ特有の細身のシートステーを継承しており、その高い振動吸収性は過酷なパヴェ(石畳)でのテストでも実証済み。またブレーキケーブルも内装に変更し、よりスムーズなハンドリングを実現している。

 また、ストレートタイプに刷新されたフロントフォークは優れた反応性とコーナリング性を発揮。上下異形ヘッドチューブやプレスフィットBB30、左右非対称チェーンステーなど、上位機種の「ヘリウムSLX」の最先端テクノロジーを継承し、剛性、軽量性、快適性、コストパフォーマンスのバランスが優れたミドルクラスのレーシングフレームとなった。

プレスフィットBB30を採用し、パワーアップしたBBエリア。漕ぎ出しの軽さやパワー伝達効率を向上 ©RIDLEYプレスフィットBB30を採用し、パワーアップしたBBエリア。漕ぎ出しの軽さやパワー伝達効率を向上 ©RIDLEY
リアエンドもカーボンモノコックで成形することで軽量化を実現 ©RIDLEYリアエンドもカーボンモノコックで成形することで軽量化を実現 ©RIDLEY

■ヘリウムX フレームセット
税抜価格:268,000円
カラー:HSL02As
サイズ:XXS、XS、S、M

実用性を兼ね備えたTTモデル「ディーン」

 3世代目となるトライアスロン&TTモデル「ディーン」はエアロダイナミクスに優れるフレーム形状に加え、ストレスなくぺダリングに集中出来るフィッティング性、優れたメンテナンス性、持ち運びのしやすさという3つの要素に着眼し、開発された。

トライアスロン&TTモデル「ディーン」 ©RIDLEYトライアスロン&TTモデル「ディーン」 ©RIDLEY
エアロ形状のマルチポジションシートポストを採用。シートアングルを73°~80°まで自在に調整が可能 ©RIDLEYエアロ形状のマルチポジションシートポストを採用。シートアングルを73°~80°まで自在に調整が可能 ©RIDLEY
低めに取り付けられたシートステーはシートチューブとトップチューブの接合部周りの空気の流れをスムーズにし、空気抵抗を低減。優れた振動吸収性も併せ持つ ©RIDLEY低めに取り付けられたシートステーはシートチューブとトップチューブの接合部周りの空気の流れをスムーズにし、空気抵抗を低減。優れた振動吸収性も併せ持つ ©RIDLEY
リドレー独自の特許技術「F‐サーファス+テクノロジー」をダウンチューブとシートポストに採用。従来のエアロ形状のチューブよりも横風の中でのハンドリングを向上させ、エネルギーを7%削減することを実証 ©RIDLEYリドレー独自の特許技術「F‐サーファス+テクノロジー」をダウンチューブとシートポストに採用。従来のエアロ形状のチューブよりも横風の中でのハンドリングを向上させ、エネルギーを7%削減することを実証 ©RIDLEY

 同社によると、「エアロ効果の数値は重要だが、それを最大限に活かすにはうまく乗りこなすことが重要。また、アマチュアのサイクリストはレースやイベントの度にバイクを組み立てたり、ブレーキを調整するメカニックはいない。そういった現実に則し、フィッティング性能、メンテナンスしやすさを重視した」という。従来機種の「ディーンFAST」のエアロ性能を引き継ぎつつ、より実用的なパッケージのトライアスロン&TTバイクとして誕生した。

■ディーン フレームセット
税抜価格:323,000円
カラー:DEA01As
サイズ:XS、S

進化したオールラウンドモデル「フェニックスSL」

オールラウンダーモデル「フェニックスSL」(R-FSL02As) ©RIDLEYオールラウンダーモデル「フェニックスSL」(R-FSL02As) ©RIDLEY

 軽量性と快適性、空力特性を兼ね備え進化した「フェニックスSL」が登場した。

 フレームは独自配合のハイモジュラスカーボンによって優れた強度をもたせ、フォークは新たなテクノロジー「エアロインテグレーション」を採用することで空力特性を向上させた。重量は従来の「フェニックス」より250g以上の軽量化を達成し、さらに十分なタイヤクリアランスを確保することで28Cタイヤの装着も可能となった。

オーラウンドモデル「フェニックスSL」(FSL02Bm) ©RIDLEYオールラウンドモデル「フェニックスSL」(FSL02Bm) ©RIDLEY
オールラウンドモデル「フェニックスSL」(FSL02Cs) ©RIDLEYオーラウンドモデル「フェニックスSL」(FSL02Cs) ©RIDLEY

■フェニックスSL フレームセット
税抜価格:228,000円
カラー:FSL02As、FSL02Bm、FSL02Cs
サイズ:XXS、XS、S、M

この記事のタグ

20~30万円のロードバイク30~50万円のロードバイクリドレー(RIDLEY)のロードバイク

20~30万円 30~50万円 TTバイク リドレー ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載