「新たなチャレンジを試みたい」別府史之がトレック・セガフレードと契約延長 2018年までの2年間

  • 一覧

 男子ロードレースの世界最高カテゴリー、UCIワールドチーム「トレック・セガフレード」に所属する別府史之(33)が、同チームと2年間の契約延長を行ったことを8月30日、自身のオフィシャルウェブサイトで明らかにした。別府は2014年より同チームに所属。契約延長により2018年までの世界トップクラスでの活動が確約された。

現在ブエルタ・ア・エスパーニャに出場中の別府史之(トレック・セガフレード) Photo: Yuzuru SUNADA現在ブエルタ・ア・エスパーニャに出場中の別府史之(トレック・セガフレード) Photo: Yuzuru SUNADA

 別府は高校卒業後にフランスへと渡り、2005年にディスカバリーチャンネルと契約してプロ入り。以来12シーズンに渡って、本場ヨーロッパのトップチームで活躍してきた。2009年には新城幸也とともに日本人として初めてツール・ド・フランスを完走したほか、最終ステージでは日本人として初めて敢闘賞を獲得。ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャのグランツール(世界3大ステージレース)全てに出場している。

 またワンデークラシックレースにも対応するオールラウンダーとして、日本人としては唯一モニュメント(5大クラシックレースと呼ばれるミラノ~サンレモ、ツール・デ・フランドル、パリ~ルーベ、リエージュ~バストーニュ~リエージュ、イル・ロンバルディア)5レース全てで完走を果たしている。

●別府史之のコメント
トレック・セガフレードと2年の契約を結ぶことができて、とてもハッピーです。このチャンスをくれたチームに感謝しています。これまで12年間プロサイクリストとして、たくさんの経験をしてきました。さらに2年間、このトレック・セガフレードとともに、また新たなチャレンジを試みたいと思っています。グランツールやモニュメントで、今までよりも上のレベルで走れるよう、トレーニングはハードに、レースはさらに積極的に走り、また新たな自分を見つけ出したいです。

●ルカ・グエルチレーナ(チームゼネラルマネジャー )のコメント
強いチームには強固な土台が必要である。フミは重要な場面でしっかりと実力を発揮してくれる選手であり、とても多才なロードキャプテンでもある。彼がいることはチームにとって大きな意味を持ち、私も彼とまた2年間一緒に戦っていけることを嬉しく思っている。

ブエルタ休息日に生出演

 別府は現在出場中のブエルタ・ア・エスパーニャの現地から、日本時間で30日午後10時からJSPORTS4で放送する『Cycle*2016 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV』に電話で出演する予定だ。

この記事のタグ

ロードレース 別府史之

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載