title banner

【Teamユキヤ通信】ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 第10ステージ長いアタック合戦に加わった新城幸也 逃げは実らずも「調子は良い」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧
別府史之(左)と一緒に最前列でスタートを待つ新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA別府史之(左)と一緒に最前列でスタートを待つ新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 ブエルタ・ア・エスパーニャに出場の新城幸也(ランプレ・メリダ)は、8月29日に行われた第10ステージを先頭から13分56秒遅れの87位でゴールした。

 「今日こそは逃げに乗るぞ!」と同じく日本から出場の別府史之(トレック・セガフレード)とともに最前列からスタートした新城だが、なかなか逃げは決まらずアタック合戦が続いた。

 スタートから10kmほどで集団内で落車が発生し、集団20番手ほどにいた新城が真横で聞こえた音に振り返ると、10人以上が転倒して道がふさがっていたという。集団はいったん自主的なニュートラル(レース中断)状態となり、落車した選手が集団に復帰するのを待って再スタートとなった。

 アタック合戦も再スタートとなったが、なかなか決まらない状態も続くことになった。新城は途中5人の飛び出しに入り、15秒ほど集団からリードを奪ったものの、決定的なリードを奪うことはできず吸収された。スタートから60km付近になってようやく逃げが決まったが、「この逃げグループにはチームから誰も乗せることができなかったので、反省(苦笑)」と新城はレース後に語る。

超級山岳を単独87位でゴールする新城 Photo: Miwa IIJIMA超級山岳を単独87位でゴールする新城 Photo: Miwa IIJIMA

 逃げが決まって以降の新城は、エースのルイ・メインティス(南アフリカ)のアシストをしながらゴールを目指した。ゴール後の新城は、「最後の上りはホントにキツかった。 残り3kmで別府さんより先行していたのに、追いつかれてカウンターアタックされた(笑)」と超級山岳の厳しさも楽しんだ様子。「調子は良いだけに逃げに乗れずに残念だったが、明日はしっかり休んで、また明後日から!」と大会2週目に向けて意気込みを語った。

 レースは休息日を1日はさみ、31日に第11ステージが行われる。新城は30日の午後10時からJSPORTS4で放送の『Cycle*2016 ブエルタ・ア・エスパーニャ 休息日TV』に電話でライブ出演する予定だ。

この記事のタグ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 ブエルタ2016・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載