title banner

【Teamユキヤ通信】ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 第8ステージ新城幸也、再び逃げに挑むも不調 上ってきた激坂の絶景に「そのまま飛んでいけそう」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 ブエルタ・ア・エスパーニャに参戦中の新城幸也(ランプレ・メリダ)は8月27日、第8ステージでトップから13分37秒差の104位でゴールした。個人総合順位は112位で前日と変わっていない。

ゴール後、山を下る準備をする新城。ドクターにウインドブレーカーを着せてもらう Photo: Miwa IIJIMAゴール後、山を下る準備をする新城。ドクターにウインドブレーカーを着せてもらう Photo: Miwa IIJIMA

 第1週の最後を飾る山頂ゴール3連戦の初日、ゴールのカンペロナ峠は最初緩斜面から始まるが、残り5km以降に急勾配が待ち構える厳しいステージ。新城も前日から、「とにかく激坂に耐えるだけ」と気を引き締めていた。

 再び逃げに乗ろうと序盤から繰り返し挑戦するが、この日も不調に終わった。新城はレース後、「今日も逃げに、という作戦。 久し振りにスタートアタックに付いていったが、そのアタックは決まらなかった。何度か逃げを試みたが決まらず、チームメイトが入った逃げグループができ、そのまま決まった。 その後はルイ・メインティスを守って、激坂に入る残り4kmでメイン集団から遅れた」と振り返る。

 「ゴール後、チームバスまで上ってきたところを下ったので、その時にスゴイ(きれいな)景色だったことに気が付いた。コーナー曲がれなかったら、そのまま飛んでいけそうな峠だった(苦笑)。 昨日からしっかり回復して調子が良いので、次のステージからも逃げに挑戦! 登りスタートだけど またトライする」と意気込みを語った。

 28日の第9ステージは前半にカテゴリー2級の山岳、そして後半は3級を3回超え、2級山岳の山頂ゴールと、険しい164.5kmとなっている。

この記事のタグ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 ブエルタ2016・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載