title banner

【Teamユキヤ通信】ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 第6ステージ連日のアタックも実らなかった新城幸也 「明日も逃げに挑戦する」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧
補給所で補給食を受け取る新城 Photo: Miwa IIJIMA補給所で補給食を受け取る新城 Photo: Miwa IIJIMA

 8月25日に行われたブエルタ・ア・エスパーニャ第6ステージで、新城幸也(ランプレ・メリダ)は先頭から23分1秒差の大きな集団で、ステージ147位でゴールした。総合順位は99位となっている。

 「今日も逃げに乗るために何度かアタックした」という新城だが、序盤のアタック合戦で新城の入った逃げが決まることはなかった。ランプレ・メリダからはヴァレリオ・コンティ(イタリア)が入った逃げが決まったが、逃げ切りは許されずに最終的に吸収されることになった。

 また、チームメイトのルイ・メインティス(南アフリカ)、イリア・コシェヴォイ(ベラルーシ)の2人が落車。コシェヴォイは序盤のアタック合戦中の落車で、頬と口の中を縫合するけが。メインティスは残り8kmでの落車に巻き込まれたという。新城は「どちらの選手も明日もスタートする予定だが、パフォーマンスには影響のありそうなけがだったので心配だ」とチームメイトを気遣っている。

スタート前のチームバスの中にて、新城と愛犬コリン(小輪) Photo Miwa IIJIMAスタート前のチームバスの中にて、新城と愛犬コリン(小輪) Photo Miwa IIJIMA

 レースでは良いことがなかったランプレ・メリダ勢だが、この日新城の今大会のルームメイトのエチオピアライダー、ツガブ・ゲブレマリアム・グルマイが25歳の誕生日を迎え、チームは夕食でケーキを食べ、シャンパンで乾杯したという。

 一日を終えて新城は、「連日逃げを試みて、前半のアタック合戦に挑戦しているけど、なかなか簡単に逃げることができないのがブエルタ。しかし、脚の調子は良いのでまた明日も逃げに挑戦するよ!」と翌第7ステージでも積極的に攻撃する姿勢をみせている。

この記事のタグ

ブエルタ・ア・エスパーニャ2016 ブエルタ2016・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載