title banner

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館<32>気分転換で南米バックパッカー旅 刺激的なリオの街、ウユニ塩湖やモアイ像

by 昼間岳 / Gaku HIRUMA
  • 一覧
バックパッカーで再び訪れたウユニ塩湖 Photo: Gaku HIRUMAバックパッカーで再び訪れたウユニ塩湖 Photo: Gaku HIRUMA

【2011年5月中旬~8月中旬】南米 ブラジル・リオデジャネイロなど

 南米を走り終えた後、走れなかった地域を周るため自転車を安宿に置かせてもらい、数カ月間バックパッカーとして南米を旅した。こういう気分転換ができるのも長期の自転車旅の大きな利点だと思う。

自然とうまく調和するリオデジャネイロ Photo: Gaku HIRUMA自然とうまく調和するリオデジャネイロ Photo: Gaku HIRUMA

 アルゼンチンのブエノスアイレスからスタートし、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル、ボリビア、最後はチリのイースター島まで足を延ばした。

 刺激的なブラジルのリオの街。轟音とどろくイグアスの滝、スペイン統治時代のコロニアルな都市、ボリビアの鏡張りのウユニ塩湖。何時間眺めていても飽きないモアイ像。

混沌としてるが、なぜか落ち着くボリビア Photo: Gaku HIRUMA混沌としてるが、なぜか落ち着くボリビア Photo: Gaku HIRUMA
運ばれることなく石切り場に残ったモアイ。眺めて飽きることはない Photo: Gaku HIRUMA運ばれることなく石切り場に残ったモアイ。眺めて飽きることはない Photo: Gaku HIRUMA

 亜熱帯から砂漠、高地、そこに暮らす人々。自転車ではゆっくりと変化していく世界が、夜行バスで寝て起きたら、全く別の世界が広がる。隣接した国々が全く異なる個性を持つ大陸は、南米くらいなのではないだろうか。

 バスの旅を楽しみながら、だんだんと次はどこを走ろうかと思いを巡らす。

昼間岳昼間岳(ひるま・がく)

小学生の時に自転車で旅する青年を見て、自転車で世界一周するという夢を抱いた。大学時代は国内外を旅し、卒業後は自転車店に勤務。2009年に念願だった自転車世界一周へ出発した。5年8カ月をかけてたくさんの出会いや感動、経験を自転車に載せながら、世界60カ国を走破。2015年4月に帰国した。ブログ「Take it easy!!

この記事のタグ

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載