title banner

栗村修の“輪”生相談<82>15歳男性「高校に自転車競技部がなく、地元のクラブチームに入るのは不安です」

  • 一覧

 
いつも楽しく拝見させていただいています。

 僕は今、中学3年生なのですが高校は自転車競技部がある所に行きたいと思っています。しかし、僕が受験できる高校の一覧には自転車競技部がある所はありませんでした。こういう場合はやはり、地元のクラブチームに入るのが一番なのでしょうか?

 正直言って今は趣味程度にしか走ってなく、ほとんど未経験なので不安です。

(15歳男性)

 中学生のころの僕と、同じ悩みですね。僕も、高校進学が見えてくるタイミングでプロを目指すようになったんです。

 僕の場合、近くにインターハイに出ている高校がありました。だから、そこを受験したのですが、いざ受かって進学したら、なんと自転車競技部が廃部になっていました…。そこで僕は、クラブチームに入ったわけです。

 というわけで、僕の置かれた状況は質問者さんと似ていましたね。選択肢としては、クラブチームだけ。

 ちょっと確認しておくと、高校の部活も意義は大きいと思います。高校によっては将来競輪選手になるための練習が中心の学校もあったりはしますが、トラックレースには自転車競技の基本が詰まっていますから、ロードレースを目指す上でもけっして無駄にはなりません。

 また、同世代の選手との切磋琢磨もあるし、規律や精神力も身につけられます。本場のロードレースも、結局は体育会系的要素が強い世界です。ストレスは大きいし、レースもきつい。そして、年間を通して団体行動を求められます。極端に年功序列が厳しい日本の体育会系とはちょっと違いますが、体育会系「的」であるのは間違いありません。

 じゃあ高校の部活のデメリットは何かと言うと、一番大きいのは、高校の3年間にプライオリティを置きすぎることでしょうか。環境によっては、3年間で燃え尽きてしまうリスクがあります。

 ヨーロッパのジュニアって、実はあまり激しくはやりません。最終目標としてのプロがありますから、そこに行きつく前に燃え尽きては意味がないからです。大人たちが負荷を調整してるんですよ。大切なのは「才能を見つけ、基本を身につけさせること」ですから。もっとも、将来的にツールやクラシックで勝つレベルの才能があれば、日本の高校活動でフィジカルが潰れる心配はいらないでしょうが、皆が皆、そのレベルとはいきません。

実業団のEクラスタのレースは、全国で年間40戦以上が開かれている Photo: Shusaku MATSUO実業団のEクラスタのレースは、全国で年間40戦以上が開かれている Photo: Shusaku MATSUO

 じゃあ、クラブチームのメリット・デメリットはどうか。

 一番いいのは、自分の好きな活動ができることでしょう。例えば、実業団のユースクラスタを走りつつ、Eクラスタで大人とも走れます。ロードレースの数をこなせるんです。

 しかし、このメリットはデメリットと裏腹で、クラブチームだとトラックでの練習はなかなかできません。トラックで身に着けられるスピードトレーニングは自転車選手としての基礎となります。トラックは重要です。高校生のうちに経験しておきたいものです。

 あとは、そもそも、チーム選びを間違っちゃうときついですよね。おじさんたちが温泉に入って、ビールを飲むためののんびりクラブチームだったら、そもそも強くなるのが難しいじゃないですか。高校の3年間で違った才能を伸ばしてしまうリスクがあります。

 だから、いつも何度も言っていますが、チーム選びは大切です。本当に。チーム選びも、強くなるための重要な才能だと思います。

 まずはレースのリザルトを見て、いつも上位に若い選手を送り込んでいるチームを狙うのはどうでしょうか。万が一肌に合わなくても、移動できるのがクラブチームのいいところです。高校の部活じゃ、転校しないといけませんからね。

 チームに入ったら、自己紹介と一緒にご自分の目標をはっきり言葉にして、大人たちに伝えてみましょう。生意気だと思われてもいいんです。大切なことですよ。

(編集 佐藤喬)

回答者 栗村修(くりむら おさむ)

 一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役、ツアー・オブ・ジャパン 大会ディレクター、スポーツ専門TV局 J SPORTS サイクルロードレース解説者。選手時代はポーランドのチームと契約するなど国内外で活躍。引退後はTV解説者として、ユニークな語り口でサイクルロードレースの魅力を多くの人に伝え続けている。著書に『栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング』『栗村修の100倍楽しむ! サイクルロードレース観戦術』(いずれも洋泉社)など。

※栗村さんにあなたの自転車に関する悩みを相談してみませんか?
ml.sd-cyclist-info@sankei.co.jpまでお寄せください。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

栗村修の“輪”生相談

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載