レーサーMOCOのガールズトーク<1>病める時も健やかなる時も…自転車は、いつも一緒のダーリンです!

  • 一覧

 はじめまして。チャリガールMOCOです。

 だんだんと暑くなってきて、真夏の到来もすぐそこに感じられる時期になりましたね。東京ではスカイツリーが開業し、歴史が新たに作り上げられる勢いを感じています。東京の名所を自転車で巡る旅にも、また一つ、楽しみが増えました。暑い日の自転車旅には、冷た~いアイスクリームが最高のご褒美ですね!

MOCOphoto by Sodo Kawaguchi

 私がスポーツサイクル(ロードバイク)と出会ったのは、とある飲み会でした。偶然、前に座った男性の趣味がロードバイクだったのです。それまで、自転車といえばシティサイクルにしか乗った事のなかった私ですから、「ロードバイク」という耳慣れない言葉に興味津々。

 しかし、それがどんなモノなのか全く想像がつきませんでした。「メッセンジャーという映画をイメージしたらわかりやすいかも」との説明を受け、東京の街を颯爽と自転車で駆け抜ける自分の姿を想像して、とてもワクワクした気持ちになりました。そして、その魅力を力説されるうちに、試しに乗らせてもらう事になりました。

 はじめは恐る恐る。地面からの衝撃を細いタイヤと小さなサドルで受け、お尻が痛くなりましたが、一漕ぎで進むスピード感は衝撃でした。自分の力次第でスイスイと、風を切ってどこまでもいける。東京の街が近くなったように感じられ、どんどん引き込まれていきました。

 早速自分のマシンを手に入れた私は、電車で移動する代わりにロードバイクで目的地まで向かうようになりました。仕事の打ち合わせや英会話スクール、お友達の家…いつの間にか、ロードバイクでお出かけして足を伸ばす事が目的になっていきました。

MOCO実業団レースに参戦中

 ペダルをリズムよく「ワン・ツー、ワン・ツー…」。リズムに合わせて、心の中でお気に入りの歌を口ずさむ。迷いや悩み事がある時も、太陽の光を浴びて、風を切って走り出すと、なんだかスッキリした気持ちになれる。力強くペダルを漕げばビュンっ!と進み、優しく踏めばそよそよ進む。自分の気持ちと連動して進むロードバイクが、私にはぴったりフィットしましたね。

 どこへも、どこまでも一緒。風が強い時も、日差しがジリジリ眩しい日も、いつも一緒。厳しい坂もあれば、豪快に下れる道もある。病めるときも健やかなるときも、雨の日も嵐の日も共に歩んで…!?。そんな風に、ロードバイクとのデートを楽しんできました。

 もちろん、途中で雨が降ってきちゃっても、大事なダーリンですから置いていくわけにはいきません。雨宿りをしても一向にやまない時は、意を決して一緒にずぶ濡れになって帰り着くこともあります。

MOCO

 夏は暑いでしょう?とか、お化粧が崩れて大変では?足がパンパンに太くなっちゃうのでは?な~んて言われても、自転車愛は増すばかり。(実際には、競輪とは違うので足が太くなっちゃう事は無いのでご安心を)

 だって、自分のこの体がエンジンの役割を果たすんですもの。ロードバイクというマシンに自分の体を預けて、一体化してどこまでも。頑張れば頑張った分だけ、素晴らしい景色、充実した時間との出会いが待っています。目の前に広がる菜の花畑をお腹いっぱい吸い込んで。夕陽がきらめく海岸線まであとひと踏ん張りよ~っ!

 現在は競技者としてロードバイクを使用している私ですが、もちろん、仲間とののんびりしたツーリングも楽しんでいます。同じ時間、同じ景色、同じ道のりを一緒に走る仲間は最高です。厳しい坂では声を掛け合って励ましあう。仕事や年齢や生活はそれぞれ違っても、同じ楽しみを持った仲間たち。そんな素敵な出会いを与えてくれたロードバイクって、とっても魅力的でしょ!?

MOCOMOCO
本名:笹本智子。クリエイティブプロデューサー&サイクルロードレーサー。実業団チーム「竹芝サイクルレーシング」からJフェミニンツアー参戦中。2011年は年間ランキング3位の強豪選手。1980年生まれ、静岡県掛川市出身。(株)REBOX所属。公式ホームページ:http://chari-moco.com/

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

MOCO チャリガールMOCOのガールズトーク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載