オリジナリティ溢れる選択をフレームやシューズを好みのカラーにオーダー シマノ鈴鹿のピックアップアイテム

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 三重県鈴鹿市で8月20、21日に開催された「シマノ鈴鹿ロード」では1万人を超える来場者がレースやイベントを満喫した。会場内のブースエリアにはバイクメーカーやアクセサリーブランドのテントが軒を連ね、レースの合間に最新機材をチェックする参加者で賑わった。お洒落なアイテムも多く並び、特に印象的だったカラーオーダーパーツをピックアップしてレポートする。

選べるカラーとパターンが増えたキャノンデールの「カスタムラボ」サンプルバイク Photo: Shusaku MATSUO選べるカラーとパターンが増えたキャノンデールの「カスタムラボ」サンプルバイク Photo: Shusaku MATSUO

スマホから気軽にシミュレート

 アメリカのバイクブランド「キャノンデール」のブースでは、8月15日に新しくなったカラーオーダーシステム「カスタムラボ」の紹介と共にサンプルバイクが展示されていた。マットな質感に蛍光カラーのペイントとストライプデザインを合わせた「スーパーシックス エヴォ ハイモッド」のカラフルなバイクが注目を集めていた。

カスタムラボを押し出したブースを展開したキャノンデール Photo: Shusaku MATSUOカスタムラボを押し出したブースを展開したキャノンデール Photo: Shusaku MATSUO

 カスタムラボで選べるパターンは4種、カラーは20色からチョイスできる。パーツではキャノンデールのフルカーボンクリンチャーが選択できるようになり、ロゴカラーも10色を用意。スマートフォンからでもシミュレーションができるので、気軽にオリジナルバイクを作ることが可能だ。

2万円でフレームをカラーオーダー

パールやメタリックカラーも選択が可能で、アップチャージは2万円 Photo: Shusaku MATSUOパールやメタリックカラーも選択が可能で、アップチャージは2万円 Photo: Shusaku MATSUO

 ベルギーのバイクブランド「トンプソン」もカラーオーダーシステムを展開。35色のカラーから、車種ごとに設定されたラインやロゴの色を決められる。アップチャージは税抜2万円で、注文数の約9割がカラーオーダーだという。塗装はベルギーの職人が手作業で行い、約1カ月半後に日本に到着する。

グラフィックまでオーダー可能

 オリジナルグラフィックのオーダーが可能なのは、シューズブランドの「レイク」だ。カンガルー革を使用したハイエンドモデル「CX402」は、17種類のカラーからパネル、樹脂パーツなどを選択できる「カラーセレクトプログラム」(税込6万7800円)がある。

オリジナルのグラフィックもオーダー可能なレイク「CX402」 Photo: Shusaku MATSUOオリジナルのグラフィックもオーダー可能なレイク「CX402」 Photo: Shusaku MATSUO

 また、自分で作成した柄をシューズにプリントできる「オリジナルグラフィックプログラム」(税込7万9800円)を用意。チームジャージに合わせたデザインが可能で、2足目からは1万円が割り引かれるので、チームメートと合わせて注文してもお得だろう。左右で異なるサイズを注文できるなど、細かいオーダーに対応する。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キャノンデール トンプソン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載