国内プロ選手が講師シマノ鈴鹿で「ウィーラースクール」開催 大人はレース前に“できないことの自覚”を

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 自転車文化や正しい乗り方を広める子供向け移動式自転車教室「ウィーラースクール」が8月20、21日、シマノ鈴鹿ロード内のイベントとして開催された。大人を対象に国内プロ選手が講師に立つ特別講座も開かれ、レース前に「一本橋」や「スラローム走行」などで基本的な技術をチェック。スクールを主宰するブラッキー中島さんは「まずは“いかに自分がコントロールできていないか”を自覚して」と、安全に楽しむための技術習得を呼びかけた。

プロ選手と一緒に集団走行を体験 Photo: Shusaku MATSUOプロ選手と一緒に集団走行を体験 Photo: Shusaku MATSUO

自転車の基礎を楽しく学ぶ

 ウィーラースクールは自転車イベントやレース会場の空きスペースなどを利用し、全国で開催されている。パイロンやシーソーなどが用意され、バランスの取り方、ブレーキのかけ方など基本的な技術を学ぶことができる。子供向けに紙芝居を使って説明するなど、楽しく学習できるのが特徴だ。

子ども達は真剣な表情で取り組んでいた Photo: Shusaku MATSUO子ども達は真剣な表情で取り組んでいた Photo: Shusaku MATSUO
選手指導の元、安全運転に必要な技術を身につける Photo: Shusaku MATSUO選手指導の元、安全運転に必要な技術を身につける Photo: Shusaku MATSUO

大人も苦戦する基礎技術

大人でも落ちることが多かった一本橋 Photo: Shusaku MATSUO大人でも落ちることが多かった一本橋 Photo: Shusaku MATSUO

 シマノ鈴鹿ロードでは2日間の開催で、通常の子供向け講座に加え、大人を対象とした講義も開かれた。リオ五輪に出場した内間康平(ブリヂストンアンカー サイクリングチーム)や、シマノレーシングの野寺秀徳監督、その他の国内プロチームの選手を講師に招き、選手経験などの話題を交えたトークを披露。参加者は熱心に聞き入っていた。

3本ローラーを使い、ブレのない走りを実演 Photo: Shusaku MATSUO3本ローラーを使い、ブレのない走りを実演 Photo: Shusaku MATSUO

 ブラッキー中島さんによると、大人向け講義は「自身の力量を知ってもらうため」に開催。「一見すると簡単に思える一本橋ですが、大人でも意外とできない人は多い。体力もあり、機材面でも簡単にスピードが出せる大人だからこそ、まずは“いかに自分がコントロールできていないか”を自覚してほしいと思います。1人で低速でまっすぐに走れない人が、レースの集団走行内でまっすぐ40km/hで走れることはありません」

参加者は熱心にプロ選手の意見を聞いた Photo: Shusaku MATSUO参加者は熱心にプロ選手の意見を聞いた Photo: Shusaku MATSUO

 スクールでは子供向けと同様、大人の参加者が木板の一本橋やスラロームに挑戦。しかし、橋から落下したり、ギクシャクした運転も目立った。中島さんは「上達は気づきにくいですが、“できないこと”はすぐに気づけます」と話し、「このスクールをきっかけにして、安全に自転車を楽しんでほしい」と訴えた。

継続的に練習して欲しい

「リオ五輪では石畳に70km/hで進入したが、基礎的なテクニックが生きた」と話した内間康平(ブリヂストンアンカー サイクリングチーム) Photo: Shusaku MATSUO「リオ五輪では石畳に70km/hで進入したが、基礎的なテクニックが生きた」と話した内間康平(ブリヂストンアンカー サイクリングチーム) Photo: Shusaku MATSUO

 講師を務めた内間は「初めての講師だったが、皆さんが楽しんで聞いてくれたのは実感できた。僕たちの走りを参考にしてほしいです」と話した。チームメイトの井上和郎も「今回の内容は自身で公園などの空きスペースを使ってできることばかり。継続的に練習して技術を広げて欲しい」と述べた。

 この日、ロードレースに初めて参加するため息子と来場した仲井章さんは「普段はトライアスロンをやっていて、単独走行ばかり。ウィーラースクールに参加し、集団走行や基本的な走り方をレース前に学ぶことができて良かったです」と話し、レースに臨んでいた。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ウィーラースクール

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載