6歳未満が半数以上自転車後部の幼児用座席や荷台で足巻き込み 5年間で172件

  • 一覧
足を後輪に巻き込む危険性がある、自転車の後ろの荷台に座った例(共同通信)足を後輪に巻き込む危険性がある、自転車の後ろの荷台に座った例(共同通信)

 国民生活センターは8月18日、自転車の後ろの席や荷台に座った人が後輪に足を巻き込まれてけがをする事故が、7月までの約5年間に172件あり、うち6歳未満が90件だったと明らかにし、注意を呼び掛けた。

 90件中35件は、足や服を巻き込まない構造になっている幼児用座席やカバーが取り付けられず、大半が荷台に直接座らせていた。かかと周辺を12針縫った事故もあった。残る55件のうち12件は、幼児用座席を使っていたものの、足を乗せる部分が壊れていたり、子供がはしゃいだりしたことが原因とみている。

 6歳以上の同乗は法令で禁止されているが、事故172件のうち82件を占めた。同センターは「体格が合わず、足がはみ出すなどして巻き込み事故になる危険性は高くなる」として同乗をやめるよう注意を促した。(共同通信)

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載