兄のアリステアが五輪2連覇リオ五輪男子トライアスロン、ブラウンリー兄弟が金・銀 田山寛豪はバイクで周回遅れ棄権

  • 一覧

 リオデジャネイロ・オリンピックの男子トライアスロンが8月18日行われ、4大会連続出場となる日本の田山寛豪(NTT東日本・NTT西日本・流通経大職)はスイムを23番手で終えたが、バイクの周回遅れで途中棄権となった。優勝はアリステア・ブラウンリー(イギリス)で、ロンドン五輪に続く同種目2連覇を飾った。2位には弟のジョナサン・ブラウンリー(同)が入り、兄弟での金・銀メダルとなった。

バイクで追走する田山寛豪(左端) (共同通信)バイクで追走する田山寛豪(左端) (共同通信)
トライアスロン男子で優勝したアリステア・ブラウンリー(右)と弟で2位のジョナサン・ブラウンリー (共同通信)トライアスロン男子で優勝したアリステア・ブラウンリー(右)と弟で2位のジョナサン・ブラウンリー(共同通信)
トライアスロン男子、スイムのスタートで一斉に海に駆け込む選手たち (共同通信)トライアスロン男子、スイムのスタートで一斉に海に駆け込む選手たち(共同通信)

 トライアスロン女子のレースは20日に行われる。

◇         ◇

●田山寛豪の話

 準備はしてきたつもりだけど、何でこんなに走れなかったのか自分でもよく分からない。五輪は最後と決めていたので悔いは残る。(共同通信)

この記事のタグ

2016リオデジャネイロ五輪 2016リオ五輪・レースレポート

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載