イベント会場限定でスタッフが対応袖や裾丈変更、襟なしなど可能に バレットがセミカスタムオーダーの試験サービスを開始

  • 一覧
valette

 オーダーサイクルウェアのVALETTE(バレット)が、オリジナルウェアのセミカスタムオーダーの試験サービスを、8~10月のイベント会場限定で開始する。細かいユーザーの注文に応える試みで、イベント会場のバレットブースで、専門知識を持ったスタッフが対応する。

 バレットのオーダーシステムは、最低ロット3着から注文でき、最短納期10日で日本製の高品質ジャージを製作可能だ。これまでも1着ごとにオプション設定ができるなど、柔軟なオーダー対応を誇っていたが、今回さらにグレードアップする。

 例えば「裾丈、袖丈、着丈をもう少し長くしてほしい」「ウエストだけ細くしてほしい」「とにかく軽いワンピースが作りたい!」「ジャージにサイドポケットがほしい!」といった細かな注文も実現可能。スタッフが親身に一人一人に合った理想的なウェアを実現するという。

 セミカスタムオーダーは、高機能性と独自のファッション性で定評のある、VALETTEオリジナルウェアにも対応可能となっている。

 試験サービスを実施するのは、8月20、21日の「シマノ鈴鹿ロード」、8月27、28日の「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」、9月24、25日の「まえばし赤城山ヒルクライム」、10月1、2日の「グランフォンド八ヶ岳」の4イベントを予定している。

この記事のタグ

バレット

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載