title banner

まさみんのゆるゆる自転車女子旅<20>愛が生まれる場所? 美味しいだけじゃない那須高原ロングライドの魅力

by 龍野雅美 / Masami TATSUNO
  • 一覧

 7月10日に開催された「那須高原ロングライドwith那須ブラーゼン&宇都宮ブリッツェン」にポタガールメンバーと一緒に参加してきました。全員が約103キロ、獲得標高は2000mという上級者向きの「ヒルクライム100」コースを無事に完走!ポタガールもリピーターとなっている“那須ロング”の魅力をレポートします。

エイドステーションでソフトクリーム&アイスクリームをゲットしニコニコのまさみんとチズリン。タイムキーパーという大事な任を持つ監督を名乗り出て、さっそく失墜したのがこのチズリンです Photo: Masami TATSUNOエイドステーションでソフトクリーム&アイスクリームをゲットしニコニコのまさみんとチズリン。タイムキーパーという大事な任を持つ監督を名乗り出て、さっそく失墜したのがこのチズリンです Photo: Masami TATSUNO

危険なエイド!?でもリーダーが行けって言うの…

途中のエイドステーションは選手とお話したり、写真を撮ってもらうチャンス!選手のみなさんも快く対応してくれました。那須ブラーゼンの水野選手と一緒に Photo: Masami TATSUNO途中のエイドステーションは選手とお話したり、写真を撮ってもらうチャンス!選手のみなさんも快く対応してくれました。那須ブラーゼンの水野選手と一緒に Photo: Masami TATSUNO

 「みなさん!エイドステーションに全部寄っていたら、ゴールできなくなるので気を付けてください!」と言いつつも「昨日の大雨のなか、ボランティアさんやスタッフさんが準備してくれたエイドステーション!第1エイドもぜひ寄ってください!」と開会式で呼びかけていたポタガールリーダーの絹代さん。リーダー…。せっかく皆さんが準備してくれたエイドステーション全部寄りたいけど、上級者コースを閉会式のために早く走って戻ってこなくちゃいけないんです…。私たちいったいどうすればいいでしょうか?(笑)

 ここで指揮を執ってくれたのが3回目の参加となるポタガールのチズリン。「大丈夫!私に任せて!」とこの日のために準備しておいたタイムスケジュールを手に、タイムキーパーを申し出てくれました。おお!頼もしい!が、それも束の間。走り始めてから、スタート時間の設定が1時間も間違っていたことが発覚。さすがポタガールのマスコットガール、チズリンです。

うれしかったのがクエン酸ジュース。サッパリ&酸っぱいのが、疲れた体にちょうどいい! Photo: Masami TATSUNOうれしかったのがクエン酸ジュース。サッパリ&酸っぱいのが、疲れた体にちょうどいい! Photo: Masami TATSUNO
今日一番の坂を前にかき氷でリフレッシュ!さぁ!がんばるぞ! Photo: Masami TATSUNO今日一番の坂を前にかき氷でリフレッシュ!さぁ!がんばるぞ! Photo: Masami TATSUNO

ポタガールじゃないポタガール

 全エイドに寄るなら滞在時間は平均3分というあながち本当っぽいチズリンの指令に従い完走を目指すポタガール。走り始めて10キロほどで異変が起きます。ポタガールはポタリングという言葉に由来しています。それなのに、ポタガールのお姉さんたちときたら信じられないほど速いんです!普段、旅行を主としフラットペダルで走り続けるまさみんには辛くて辛くて(涙)。

見通しの良い道をどんどん進みます Photo: Masami TATSUNO見通しの良い道をどんどん進みます Photo: Masami TATSUNO
ライドの途中、那須どうぶつ王国の近くではこんなかわいいアルパカちゃんとの出会いも♡ Photo: Masami TATSUNOライドの途中、那須どうぶつ王国の近くではこんなかわいいアルパカちゃんとの出会いも♡ Photo: Masami TATSUNO

 「全然ポタガールじゃないじゃんか!みんなバケモノだ!」とヘタレのまさみんとチズリンは抗議し泣き始めました。そんななか、いろんな方に「ポタガールがんばれ!」とか「チャリダ―、、、じゃない!がんばれ!」とか応援をいただき、泣いてられん!と必死に喰らいついていきました。

 なかには「まさみん、記事読んでます!」と涙を誘うお言葉まで。「ありがとうございます!こんなヘタレですみません!でもがんばります」と前に進み続けることができました。みなさん、本当にありがとうございます。

おもわず驚嘆…那須の熱烈な歓迎

 那須ロングは本当に驚かされます。交差点で何やら不審な動きをする警察官。何をしているのかとじーっと見ていると、なんと信号を操作している!グループの最後尾の人が横断歩道を渡り切るのを待って、タイミングを合わせ信号の切り替えをしてくれていたんです。

那須の気持ちいい景色!あれ、ポタガールじゃない人がいる!紛れ込んでいるのはゲストライダーとして参加されていたNHK「チャリダー」のうじきさんと猪野さん。見つけられるかな?(笑) Photo: Masami TATSUNO那須の気持ちいい景色!あれ、ポタガールじゃない人がいる!紛れ込んでいるのはゲストライダーとして参加されていたNHK「チャリダー」のうじきさんと猪野さん。見つけられるかな?(笑) Photo: Masami TATSUNO
見てしまった!目を疑う衝撃の現場。警察の方にこんなご協力までいただけるなんで…。那須ロング、すごすぎです Photo: Masami TATSUNO見てしまった!目を疑う衝撃の現場。警察の方にこんなご協力までいただけるなんで…。那須ロング、すごすぎです Photo: Masami TATSUNO

 たしかに車の交通量は少ない道だったので、大きな影響はないのかもしれませんが、ここまでしてくれるイベントは初めて見ました。それとも今まであっても気が付かなかっただけなのか…。いや、そんなことはないと思うぞ。那須の警察の方の協力体制だけではなく、地元の方の歓迎っぷりも半端じゃありません。

手作りの応援グッズで迎えてくれた那須のみなさん。うれしすぎる!他にもたくさんの方が軒先で目の前を通り過ぎるサイクリストたちに、イベントフラッグを振って応援してくれました Photo: Masami TATSUNO手作りの応援グッズで迎えてくれた那須のみなさん。うれしすぎる!他にもたくさんの方が軒先で目の前を通り過ぎるサイクリストたちに、イベントフラッグを振って応援してくれました Photo: Masami TATSUNO

 家の前でイベントのミニフラッグを振って応援してくれるおじいちゃん、おばあちゃん。なかには庭先で手作りの応援グッズで歌ったり踊ったりしながら応援してくれる方も!前夜祭では「埼玉からボランティアのために来たんです。ポタガール、頑張ってください」と声をかけてくださる方もいました。

 誘導のボランティアをされている方の多くは、自走で来たのか脇に自転車が置いてあることが多く、たくさんのサイクリストに愛されているイベントなんだということがとても強く感じられました。

これが「うなぎり」だ!国産うなぎで赤字覚悟とか!? Photo: Masami TATSUNOこれが「うなぎり」だ!国産うなぎで赤字覚悟とか!? Photo: Masami TATSUNO
りんどう湖では那須野菜のカレー。まさみんは牛すじ丼に、おいなりさんとから揚げのトッピング…。お姉さんたちの(やや強引な笑)おもてなしには要注意 Photo: Masami TATSUNOりんどう湖では那須野菜のカレー。まさみんは牛すじ丼に、おいなりさんとから揚げのトッピング…。お姉さんたちの(やや強引な笑)おもてなしには要注意 Photo: Masami TATSUNO

愛が生まれる那須ロング

突然現れたウェディングパレード。すかさずカメラを取り出し撮影! Photo: Masami TATSUNO突然現れたウェディングパレード。すかさずカメラを取り出し撮影! Photo: Masami TATSUNO

 イベント前日、驚く出来事がありました。那須観光を楽しんでいた私たちの前に自転車に乗った新郎新婦が現れたのです!その答えは、前夜祭にありました。那須ロングライドをきっかけに知り合った方の結婚式が行われていたということだったんです。このお二人は披露宴を終えたのち、ドレス姿で会場に登場してくれました。

無事にセレモニーを終え、登壇した幸せそうな新郎新婦。このイベントで知り合ったという二人は、たくさんの人に幸せのおすそ分けをしてくれました Photo: Masami TATSUNO無事にセレモニーを終え、登壇した幸せそうな新郎新婦。このイベントで知り合ったという二人は、たくさんの人に幸せのおすそ分けをしてくれました Photo: Masami TATSUNO

 ステキな出会いは私たちポタガールにも訪れました。前夜祭で「これを選手に渡すの♡」と手土産を持参し、大好きな選手ににじり寄る橋本さん(笑)。とても幸せそうでした。前夜祭だけではなく、イベント当日も普段は遠くから応援するだけの選手と走ったりお話しできるのが那須ロングの最大の魅力。

宇都宮ブリッツェンのブリッツェンフェアリーの方にも一緒に写真を撮ってもらいました。みんな明るく気さくな方たちです Photo: Masami TATSUNO宇都宮ブリッツェンのブリッツェンフェアリーの方にも一緒に写真を撮ってもらいました。みんな明るく気さくな方たちです Photo: Masami TATSUNO
那須ブラーゼンの高木選手はなんと埼玉県上尾市出身!同じく上尾市出身のポタガールの小島さんと記念撮影。ポタガールみんな、全力で応援します! Photo: Masami TATSUNO那須ブラーゼンの高木選手はなんと埼玉県上尾市出身!同じく上尾市出身のポタガールの小島さんと記念撮影。ポタガールみんな、全力で応援します! Photo: Masami TATSUNO

 チズリンは大ファンである那須ブラーゼンの小坂選手を見つけるやいなや、急にスピードを上げて走り去ってしまいました。あとから「ごめん!まさみん。裏切った(笑)」と白状。一緒に頑張ろうって言ったのに…。

 エイドステーションでは「写真撮ってください!」という私たちのお願いにも、選手の皆さんは快く対応してくださいました。みなさん、さわやかで紳士でとってもステキ♡また会いたいと思ってしまう。これも那須ロングをリピートしてしまう理由の一つ。もうまた選手に合える来年が楽しみです!

龍野雅美龍野雅美(たつの・まさみ)

1984年生まれ、埼玉県在住。平日はふつうの働き女子(アラサー女子)、休日は自転車、ときどきライター。2010年に初参加した四国一周サイクリングイベント「コグウェイ四国」がきっかけで自転車旅に夢中に。以来、日本各地へ自転車とともにでかけ、そろそろ海外での自転車旅も…と夢見ている。自転車の楽しみ方と埼玉の魅力を発信する「ポタガール」としても活動し、ポタガールらが登場するウェブサイト「ポタ日和」で情報発信をしている。ワールドサイクルブログ「ポタガール まさみんです!」でも執筆中。

フォトギャラリー


この記事のタグ

ゆるゆる自転車女子旅

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載