title banner

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館<31>雨と風が造り出した岩のアーチ 神々しい造形美に涙したアメリカ・アーチーズ国立公園

by 昼間岳 / Gaku HIRUMA
  • 一覧
ここまで完璧な自然を観たのは後にも先にもここしかなかった Photo: Gaku HIRUMAここまで完璧な自然を観たのは後にも先にもここしかなかった Photo: Gaku HIRUMA

【2009年11月下旬】アメリカ・ユタ州 アーチーズ国立公園

国立公園に入ると風景が一変する Photo: Gaku HIRUMA国立公園に入ると風景が一変する Photo: Gaku HIRUMA

 アメリカの国立公園と言えばグランドキャニオンくらいしか知らなかったが、実際はバラエティーに富んだ大自然の宝庫であり、走るのにお勧めな国だ。

 間欠泉が60mも噴き出すイエローストーン。インディアンの聖地モニュメントバレー。一面真っ白な石膏砂漠ホワイトサンズ国立公園などの公園も素晴らしかったが、一番感動したのは、ユタ州にあるアーチーズ国立公園だ。

 国道から公園に入り岩山を一つ越えると、そこはもう別世界だった。悠久の時をかけて雨や風にさらされた岩石が、無数に乱立している。どれをとっても、とても人間には造れないアートだった。

 その名の通り、パーク内には数多くの岩のアーチが存在し、どれも自然の造形美に驚かされるばかりだが、なかでもデリケートアーチと呼ばれるアーチは特別だった。

アーチ以外にもたくさんのアートが広がる Photo: Gaku HIRUMAアーチ以外にもたくさんのアートが広がる Photo: Gaku HIRUMA

 駐車場に自転車を置き20分ほど歩くと、崖の壁に小さなアーチが現れ、そしてそれをくぐると驚きの風景が広がる。鉢状の岩山がぐるりと囲み、まるで太古のコンサートホールのようになっており、その縁にはとても自然が造り出したとは思えないほど、美しく神々しいアーチが掛かっていた。

 その造形美にしばし言葉を失い、涙が流れた。

100メートルの長さを誇るランドスケープアーチ Photo: Gaku HIRUMA100メートルの長さを誇るランドスケープアーチ Photo: Gaku HIRUMA

昼間岳昼間岳(ひるま・がく)

小学生の時に自転車で旅する青年を見て、自転車で世界一周するという夢を抱いた。大学時代は国内外を旅し、卒業後は自転車店に勤務。2009年に念願だった自転車世界一周へ出発した。5年8カ月をかけてたくさんの出会いや感動、経験を自転車に載せながら、世界60カ国を走破。2015年4月に帰国した。ブログ「Take it easy!!

この記事のタグ

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載