バランスの優れた「FX3」に注目初心者が選びやすいクロスバイクに トレックが力を注ぐ「FX」シリーズ

  • 一覧

 トレックのクロスバイク「FX」シリーズは、2017年モデルでバイクのネーミングをリニューアル。最も手頃な「FX1」から高性能な「FX S6」まで数字でグレードを表し、スポーツバイク初心者でも選びやすくなった。8月10日まで京都で開催されたトレックの大展示会「トレックワールド」では、カラーリングが刷新されたラインナップが勢ぞろい。なかでもバランスの優れた人気のグレード「FX3」に注目した。

トレックワールドで展示された「FX3」(トレックホワイト) Photo: Naoi HIRASAWAトレックワールドで展示された「FX3」(トレックホワイト) Photo: Naoi HIRASAWA

「通勤・街乗り」か「運動」か

「FX2」(グリーンライト) Photo: Naoi HIRASAWA「FX2」(グリーンライト) Photo: Naoi HIRASAWA

 トレックはFXシリーズを、通勤・通学からツーリングまで幅広く活躍できる「フィットネスバイク」と位置づける。トレック・ジャパンの田村芳隆社長はトレックワールドのプレゼンテーションのなかで、初心者にとって魅力的な性能・価格を備えたクロスバイクを「非常に重要なカテゴリー」と評し、注力していくと語った。

 FXシリーズは、通勤や街乗りにちょうどいいモデルを選ぶならFX1からFX3。よりフィットネスに適したモデルなら、ロードバイク寄りの高い性能でSportsの「S」をネーミングに取り入れたFX S4からFX S6。「通勤・街乗り」「運動」の2項目にシンプルに分けて、そのなかから自分に合ったグレードを見つけられるような分類になっている。

手のしびれを軽減 快適性を

 6モデルのなかでもFX3は、性能面でFX Sシリーズと共通する部分が多く、もっともバランスのとれた1台だ。

「FX3」(ヴァイパー レッド) Photo: Naoi HIRASAWA「FX3」(ヴァイパー レッド) Photo: Naoi HIRASAWA
FX3に搭載されたカーボンフォーク Photo: Naoi HIRASAWAFX3に搭載されたカーボンフォーク Photo: Naoi HIRASAWA

 フロントフォークにアルミではなくカーボンを採用し、振動吸収性を高め軽量化している。さらに、路面からの振動を吸収する「IsoZone(アイソゾーン)ハンドルバー」と、手に吸い付くような素材の「エルゴグリップ」によって衝撃を和らげる。ハンドル部分の快適性が高く、スポーツバイク初心者にとって気になる手のしびれが軽減される。

 ホイールには、タイヤチューブのない「チューブレスレディ リム」を採用。「リム打ち」によるパンクのリスクが低がり、低い空気圧でも走れるようになっている。低い空気圧ではタイヤのグリップ力やコントロール性が上がり、快適に走。

 さらにフレームは、下位グレードより軽量なアルミ素材を使用。シフトケーブルとブレーキケーブルをフレームに内蔵し、外観をすっきりとさせているのも特徴だ。

手に吸いつくような「エルゴグリップ」 Photo: Naoi HIRASAWA手に吸いつくような「エルゴグリップ」 Photo: Naoi HIRASAWA
ワイヤーはフレーム内蔵 Photo: Naoi HIRASAWAワイヤーはフレーム内蔵 Photo: Naoi HIRASAWA

同じ性能を備えた女性用モデル

 女性用モデルはFX2、FX3、FX S4の3モデルがラインナップされ、小さめのサイズも用意されている。フレームは女性専用に設計され、男性用モデルと同じ素材やパーツを採用すことで、同じ機能を備えたバイクに仕上がっている。

女性用に設計された「FX 3 WOMEN'S」(マット メタリックチャコール) Photo: Naoi HIRASAWA女性用に設計された「FX 3 WOMEN'S」(マット メタリックチャコール) Photo: Naoi HIRASAWA
「FX3 WOMEN'S」(カリフォルニア スカイブルー) Photo: Naoi HIRASAWA「FX3 WOMEN'S」(カリフォルニア スカイブルー) Photo: Naoi HIRASAWA
シートチューブが短い女性用のジオメトリー Photo: Naoi HIRASAWAシートチューブが短い女性用のジオメトリー Photo: Naoi HIRASAWA

■FX3 / FX3 WOMEN’S
サイズ:15、17.5、20、22.5″ / 13、15、17″
カラー:ヴァイパー レッド、トレックホワイト、カリフォルニア スカイブルー、トレック ブラック / カリフォルニア スカイブルー、マット メタリックチャコール
税抜価格:79,000円

この記事のタグ

5~10万円 クロスバイク トレック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載