12月の「ヴェロフェスタ」で引退セレモニーキナンサイクリングチームの伊丹健治、2016年シーズンで現役引退

  • 一覧

 プロ・ロードレーサーの伊丹健治(キナンサイクリングチーム)が、選手生活10年目にあたる今シーズンをもって現役を引退することを表明した。伊丹は現在27歳。引退後は同チームのメインスポンサー、キナンの一般社員として採用が決まっている。

伊丹健治 ©KINAN Cycling Team伊丹健治 ©KINAN Cycling Team

 伊丹は2007年から2014年までブリヂストンアンカー サイクリングチームに所属し、2008年にはジャパンカップ オープンレースで優勝。2009年にツール・ド・おきなわ第2ステージ優勝と総合優勝を果たした。

 2015年に、現在所属しているキナンサイクリングチームの発足と同時に加入。ツール・ド・フィリピン総合8位に入賞した。

 引退にあたり伊丹は、「キナンサイクリングチームの立ち上げから活動することができたことは、自分にとって貴重な経験。最高の思い出とともに、第二の人生をスタートしたい」とコメントしている。

「ツール・ド・フィリピン」に出場した伊丹健治(2016年2月19日) ©KINAN Cycling Team「ツール・ド・フィリピン」に出場した伊丹健治(2016年2月19日) ©KINAN Cycling Team

 12月25日(日)に愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で開催される「ヴェロフェスタ in モリコロパーク」で引退セレモニーを実施する予定。

 現役最終となるレース、および引退セレモニーの詳細については後日発表するとしている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キナンサイクリングチーム 移籍・引退

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載