title banner

栗村修の“輪”生相談<81>40代男性「ローラー練習で股に腫れ物ができてしまいます」

  • 一覧

 
50歳目前の実業団レーサーです。年々衰退していく体力の落ち幅をなんとか止めようと毎日ローラーで1時間程度汗を流しています。

 固定ローラーと3本ローラーを併用しているのですが、基本的にローラー練習では1時間サドルに座ったっきりで、扇風機は回しているもののすぐに汗まみれです。練習用のレーパンも毎日洗濯していますが、この季節どうも股間がかぶれるというか、腫れ物ができるというか。

 股ずれとは少し違うようですが、どのように防ぐ、もしくはどのような薬で改善するのもでしょうか? デリケートゾーンの相談は普通でも他人に話しにくいものですが、自転車の練習でとなると、誰に相談してよいか分かりません。

 輪生相談では時々デリケートな相談も取りあげていただいているので相談しました。よろしくお願いします。

(40代男性)

 少し前の、男性にとって重要なある部位のポジショニングに関する記事は大反響でして、股間周り、もといデリケートゾーンでPVを稼げるということを学びました。味をしめて第2弾といきましょう。

 というのは冗談で、股間の悩みはトッププロ選手にとっても深刻なんです。今年のジロでトム・デュムランがリタイアしましたが、その理由が「股ずれ」だったことを覚えていますか? つまり、グランツールの総合争いにまで影響するんです、股ずれは。デュムラン以外にも、股ずれが原因で総合争いから脱落した選手は、過去に結構いましたよ。

 サドルに座って脚を回す以上、多かれ少なかれ股は傷つきます。プロも、レースを走り終えた後はヒリヒリします。だから、股ずれはある程度は、あって当然のものなんですね。

 股ずれをできにくくする、あるいは程度をマシにする方法は、まずはポジショニングです。経験上、サドルが高いと股ずれができやすいんです。股が圧迫されますし、サドルの前に座る傾向になるからでしょうね。だから、サドルを下げると後ろ目にも座ることもできますし、圧も分散・低減されますから、股ずれにはよいでしょう。

 あとは、合う形のサドルを探す。それと忘れてはいけないのがレーパンです。レーパンのパッドも、合う合わないがありまして、僕も昔、雨の日のレースを走り終えたらお尻がパッドの形に、まるでお猿さんみたいに真っ赤になっていたことがあります。

今年のジロ・デ・イタリア前半戦で首位のマリアローザを着たデュムランだったが、股ずれの影響で第11ステージでリタイアした Photo: Yuzuru SUNADA今年のジロ・デ・イタリア前半戦で首位のマリアローザを着たデュムランだったが、股ずれの影響で第11ステージでリタイアした Photo: Yuzuru SUNADA

 まあ、最近のパッドは股ずれを起こしにくくなってはいますが、もちろん完璧とはいきません。そこで、ワセリンやシャモアクリームをぜひ使ってみてください。天候に関係なく、走り出す前に塗るんです。最初は抵抗があるかもしれませんが、効果は抜群ですよ。

 しかしそれでも股ずれができてしまったらどうするか。そもそもデュムランなどの強者をリタイヤさせた「股ずれ」というのは、単なる傷や痛みではないと思うんですね。できものができて、邪魔になるんです。傷口から雑菌が入り、膿んだものでしょう。

 僕もピンポン玉くらいのできものができたことがあります。想像してみてもください。股間にピンポン玉があって、しかも痛むわけです。この状態で走り続けるのは無理ですよね。

 できものといっても色々だとは思いますが、僕の場合、なかなか治りませんでした。メスで切って膿を出す処置もしましたが、「膿が入っている」とはいえ、切ったら綺麗さっぱりなくなるのかというと、全然そんなことはなく、大きなシコリがしばらく残りました。抗生物質を飲んだりしながら、徐々に小さくした記憶がありますね。

 なので、ご質問にもある「腫れ物」ができないように予防するのが一番ということになります。サドルポジション、レーパンのパッド、ワセリンに加え、常に清潔にするという意味ではオロナイン軟膏などを練習の前後に患部へ塗る習慣をつけるのも効果的だと思います。そして、レーパンのパッドを常に清潔にしておくこと。単なる洗濯ではなく、除菌作用の強い洗剤を選んだり、柄物にも使える漂白剤を使うなどの工夫は必要ですよ。

(編集 佐藤喬)

回答者 栗村修(くりむら おさむ)

 一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役、ツアー・オブ・ジャパン 大会ディレクター、スポーツ専門TV局 J SPORTS サイクルロードレース解説者。選手時代はポーランドのチームと契約するなど国内外で活躍。引退後はTV解説者として、ユニークな語り口でサイクルロードレースの魅力を多くの人に伝え続けている。著書に『栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング』『栗村修の100倍楽しむ! サイクルロードレース観戦術』(いずれも洋泉社)など。

※栗村さんにあなたの自転車に関する悩みを相談してみませんか?
ml.sd-cyclist-info@sankei.co.jpまでお寄せください。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

栗村修の“輪”生相談

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載