NIPPOガルゼッリ監督が絶賛"テスト生デビュー"小林海、ブエルタ・ア・ブルゴスで逃げに乗り存在感

  • 一覧

 スペイン北部で開催中のステージレース「ブエルタ・ア・ブルゴス」(UCIヨーロッパツアー2.HC)は8月5日、第4ステージで今大会からNIPPO・ヴィーニファンティーニのトレーニー(テスト生)に加入した小林海(こばやし・まりの)が逃げに乗り、自身の活動拠点、スペインの大会で存在感を示した。レースはゴールスプリントを制したネイサン・ハース(オーストラリア、ディメンションデータ)が優勝した。

5人の逃げに乗った小林海。プロ選手相手に堂々とした走りをみせた ©NIPPO Vini Fantini5人の逃げに乗った小林海。プロ選手相手に堂々とした走りをみせた ©NIPPO Vini Fantini

 ブエルタ・ア・ブルゴスは8月2日に開幕した5日間のステージレース。8月20日に始まるブエルタ・ア・エスパーニャの前哨戦とされ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ、スペイン)ら、世界のトップ選手が参戦している。スペイン北部の丘陵地帯が舞台で、大半のステージでクライマーが主役となる。

監督からの指示を真剣に聞き入る小林海。吸収力の良さも評価されている ©NIPPO Vini Fantini監督からの指示を真剣に聞き入る小林海。吸収力の良さも評価されている ©NIPPO Vini Fantini

 この日のステージは終盤に3級山岳を含む周回コース(1.5周)が組み込まれた計145km。レースでは10km地点で3選手が先行。ここに小林ら2選手がブリッジを仕掛けて5選手が集団から先行し、最大で約3分8秒のタイム差を稼いだ。

 小林は3級山岳ポイント、2つの中間スプリントポイントを2位通過し、順調な走りを見せたが、ゴールまで30km地点の3級山岳で逃げ集団の2選手がアタックをかけたことで先頭集団は崩壊。メイン集団に吸収された。

 レースはテクニカルな石畳が敷かれた上り坂のゴールスプリントを、ジャパンカップ優勝経験者でもあるハースが制した。NIPPOではエドワルド・グロス(ルーマニア)が8位。日本人の山本元喜が126位、小林海は141位だった。

狙い定めて一発で…「自信になった」

 小林はレース後、「昨日も逃げにトライしたが、まったく無理だった。今日は狙いを定めて、一発でいきたいと思っていた。このレベルのレースで逃げに乗れ、他のプロ選手たちと普通にローテーションを回すことができたことは、かなり良かったと思っている。まだまだ力が足りないというのはわかっているけど、自信になった」と、手ごたえを語った。

第3ステージの3級山岳を越える小林海。スペインの厳しいレースで培った登坂力が彼の武器だ ©NIPPO Vini Fantini第3ステージの3級山岳を越える小林海。スペインの厳しいレースで培った登坂力が彼の武器だ ©NIPPO Vini Fantini

 初めて経験するプロのレースについては「とにかく勝負がかかったときのペースが速いという印象。周りの元プロ選手から、プロのレースがどんなものかと話は聞いていたが、走ってみないと分からないことが多く、走り方が全然違うと感じている。本当にプロのレースは速くて、選手たちはみんな強い!」。

 テスト生デビューを飾り、今後の狙いについては、「来年のことはまだ分からない状態で、周りには強くてもプロになれない選手が大勢いるため、プロになることがどれだけ大変かよくわかっている。そのなかでチャンスをもらえたことはありがたい。これからも目の前の課題を一つずつクリアしていきたい。今は調子がいいので、調子が良い時にいい結果を出して、次につなげていきたい」と意欲を示した。

ガルゼッリ監督が絶賛

ステファノ・ガルゼッリ監督にアドバイスを受ける小林海。「いつも選手目線のアドバイスをくれる。偉大な選手だった彼に声をかけてもらうことでモチベーションも上がる」と小林 ©NIPPO Vini Fantiniステファノ・ガルゼッリ監督にアドバイスを受ける小林海。「いつも選手目線のアドバイスをくれる。偉大な選手だった彼に声をかけてもらうことでモチベーションも上がる」と小林 ©NIPPO Vini Fantini

 NIPPOは今大会、イタリア国営放送RAIでコメンテーターで元トッププロのステファノ・ガルゼッリ氏が監督として同行。レースでチームカーから小林をサポートしたガルゼッリ監督は、「大会初日に友人のイゴール・アントン(ディメンションデータ、スペイン)から良い評判を聞いていたけど、素晴らしい選手だと思った」と評価した。

 「とても頭がいいし、頭の回転も速い。今日のような場面では、若い選手は緊張してしまって補給食を摂り忘れてしまうようなことがあるけど、マリノは指示したことに忠実で、とても賢く走っていた印象だった。日本人とスペイン人とのハーフであり、自分も現役時代はいつもヘルメットに白い虎の絵を入れていたけど、彼も自分のキャラクターを表すペイントをヘルメットにしていることなど、とにかく話題性があり、注目される存在だと思う。スター選手になる素質をもっていると感じた」と、そのポテンシャルを絶賛した。

この記事のタグ

チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載