実家は原発から約3・5キロ「メダル持ち帰る」渡辺一成、故郷福島で決意

  • 一覧

 ロンドン五輪自転車代表で、福島県双葉町出身の渡辺一成選手(28)の壮行会が22日、同県郡山市で開かれた。

 東京電力福島第1原発事故で県内外に避難している双葉町民ら約150人が参加。渡辺選手は「皆さん、避難でつらい思いをしていると思うが、僕が逆に励まされた。メダルを持って帰り祝勝会を開けるようにしたい」と意気込みを示した。

 渡辺選手の実家も原発から約3・5キロにあり、両親は神奈川県大和市で避難生活を続けている。

 壮行会で井戸川克隆町長は「事故で町はいろいろな形に分断されたが、渡辺選手は町をまとめる大きな大きな輝き」とあいさつ。埼玉県加須市の旧県立騎西高校に避難している堀川光男さん(56)は、渡辺選手に千羽鶴を手渡し「暗い生活の中ですごく明るい話題。金メダルを目指して突っ走ってほしい」と話した。(共同)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ロンドン五輪

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載