2016年でアスタナと契約満了ニバリが新ワールドツアーチーム「バーレーン・メリダ」に移籍決定

  • 一覧

 現役最高峰のプロロードレーサーの一人、ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、アスタナ プロチーム)が、2017年から新たに発足するUCIワールドツアーチーム「バーレーン・メリダ プロサイクリングチーム」に移籍することが明らかになった。ニバリと同チームがツイッターで発表した。ニバリは2016年でアスタナ プロチームとの契約が満了する予定だった。

2016年のジロ・デ・イタリアを制したビンチェンツォ・ニバリ Photo: Yuzuru SUNADA2016年のジロ・デ・イタリアを制したビンチェンツォ・ニバリ Photo: Yuzuru SUNADA

 ニバリは8月4日、「新たに結成したチームの一員となることを光栄に思います。この新しい冒険の始まりが待ちきれません」と、自身のツイッターでコメントした。

 バーレーン・メリダ プロサイクリングチームは7月27日、バーレーン王国がスポンサーになることを発表。チーム作りについて詳細は明かされていないが、「世界的に有名なアスリートが含まれる」と発表していた。機材サポートもメリダが行うことが8月1日に決定し、加入選手が注目されていた。

 ニバリは今年のジロ・デ・イタリアも制した31歳。ツール・ド・フランス優勝1回、ジロ・デ・イタリア優勝2回、ブエルタ・ア・エスパーニャ優勝1回と世界3大ステージレース全てを制した経験がある。ファッサ・ボルトロ、リクイガス、アスタナ プロチームに続き、プロ所属チームは4チーム目となる。

 ニバリはリオデジャネイロ五輪ロードレースのイタリア代表として、ファビオ・アール(アスタナ プロチーム)らと現地入りしている。

この記事のタグ

UCIワールドツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載