2017年に結成のワールドツアーチームメリダが新チーム「バーレーン・メリダ」のスポンサーに決定 所属選手は未発表

  • 一覧

 ミヤタサイクルは8月1日、同社が日本国内での独占販売権を有するメリダが、新しいUCIワールドツアーチーム「バーレーン・メリダ プロサイクリングチーム」の機材スポンサー、サプライヤーになることを発表した。所属選手はまだ発表されていない。

メリダが「バーレーン・メリダ プロサイクリングチーム」のスポンサーになることを発表。写真は2017年モデルの「スクルトゥーラ9000E」 Photo: Kenta SAWANOメリダが「バーレーン・メリダ プロサイクリングチーム」のスポンサーになることを発表。写真は2017年モデルの「スクルトゥーラ9000E」 Photo: Kenta SAWANO

 近年の湾岸諸国では、10月にカタールでUCI世界選手権ロードレースが開催されるほか、ツアー・オブ・カタール、ツアー・オブ・ドバイ、ツアー・オブ・オマーンなどワールドクラスのレースが開かれ盛り上がりを見せている。

 メリダは2013年からイタリア籍の「ランプレ・メリダ」のスポンサーを務め、機材を供給してきた。2017年1月1日からの活動について、メリダのウイリアム・ジェン副社長は「グローバルな自転車メーカーとして新しいマーケットの開拓に期待するとともに、バーレーンの人々に健康的なサイクリングスポーツを拡げようとされている野心的な試みを全力でサポートしていきます」と意気込みを表明している。

 またメインスポンサーとなるバーレーン王国は、新チームをサポートすることを7月27日に発表。チーム作りについて詳細は明らかにされていないが、「世界的に有名なアスリートが含まれ、マネジメント層も結果重視の観点から経験豊かで世界的にも著名なエキスパート」を選んだとしている。

この記事のタグ

UCIワールドツアー メリダ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載