油圧ディスクブレーキ装備モデルもジャイアント「コンテンド」登場 エントリー層全てに対応する新しいアルミロード

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧

 ジャイアントが2017年モデルとして、新しいエントリーロードバイク「CONTEND」(コンテンド)を発表した。20万円未満のロードバイクのラインナップを完全に置き換えるもので、油圧ディスクブレーキモデルも用意するなど、ブランドの本気度合いが見て取れる。メディア向け発表会で展示された実車の様子をレポートする。

シマノ・105をメインコンポに組み上げられた、CONTEND SL 1(ブラック) Photo: Ikki YONEYAMAシマノ・105をメインコンポに組み上げられた、CONTEND SL 1(ブラック) Photo: Ikki YONEYAMA

「TCR」と「DEFY」を統合

 これまでジャイアントの20万円未満のロードバイク完成車は、スタンダードな「TCR」(ティーシーアール)とエンデュランス向けの「DEFY」(ディファイ)が並立していたが、コンテンドは両者を統合したオールラウンドモデルとして登場した。ロードバイクを始めるエントリーユーザーの1台目として、サイクリング、ロングライドからレーシーな走りまで、幅広く対応できる設計になっている。

 アルミ製フレームのジオメトリーは、前半分はディファイを受け継いだアップライトな乗車姿勢が取れるもので、後ろ半分はTCR同様にリアセンターを短くして反応性を高めている。ペダリング剛性は「高すぎない」設定で、エントリーライダーの長時間ライドでも疲れにくい硬さとしている。後ろギアは11-32Tのワイドギアを採用して、幅広いシーンに対応。フロントフォークは全グレードが「オーバードライブ」テーパーヘッドのカーボンフォークを採用する。

後ろ面を切り落としたD型断面のD-FUSEシートポストが、積極的にしなって振動を吸収する Photo: Ikki YONEYAMA後ろ面を切り落としたD型断面のD-FUSEシートポストが、積極的にしなって振動を吸収する Photo: Ikki YONEYAMA
ケーブル内蔵対応のコンテンドSLだが、BB付近には大きな開口部が設けられ、メンテナンス性は高い Photo: Ikki YONEYAMAケーブル内蔵対応のコンテンドSLだが、BB付近には大きな開口部が設けられ、メンテナンス性は高い Photo: Ikki YONEYAMA

 アラックスSLグレードのアルミフレームを採用する「コンテンドSL」では、ワイヤーがフレーム内蔵となり、スッキリとした外観を実現。またシートポストには、ディファイで採用されていたD型断面の「D-FUSE」(ディーフューズ)を採用。後ろ側に積極的にしならせる形状で衝撃を吸収し、ロングライドでも疲労の少ない快適なライディングを実現する。シマノ・105を装備する「コンテンドSL1」と、シマノ・ティアグラ装備の「コンテンドSL2」の2グレード展開だ。

 10万円以下(税抜)の価格帯で展開する「コンテンド」は、アラックスグレードのフレームを採用。上位機種のコンテンドSL同様のジオメトリーで、快適性と加速性を両立。シマノ・ソラをメインコンポとする「コンテンド1」と、シマノ・クラリスを装備する「コンテンド2」の2グレードで、コンテンド2にはドロップハンドル初心者にも安心な、サブブレーキレバーを標準装備している。

フルモデルチェンジして精悍になったシマノ・ソラで組まれたCONTEND 1(ブラック) © GIANTフルモデルチェンジして精悍になったシマノ・ソラで組まれたCONTEND 1(ブラック) © GIANT
CONTEND 1(レッド)。廉価モデルの方がカラーバリエーションは豊富だ © GIANTCONTEND 1(レッド)。廉価モデルの方がカラーバリエーションは豊富だ © GIANT
補助ブレーキレバーを標準装備するCONTEND 2(ブルー)。カラーバリエーションは3色 © GIANT補助ブレーキレバーを標準装備するCONTEND 2(ブルー)。カラーバリエーションは3色 © GIANT

10万円台の完成車に油圧ブレーキを採用

 コンテンドSLには、従来のリムキャリパーブレーキのモデルとともに、ディスクブレーキモデルが用意される。完成車15万円台(税抜)のバイクとしては画期的な、油圧式ディスクブレーキを装備しており、天候や路面状況に左右されず安定して高いストッピングパワーを発揮する。

ディスクブレーキを装備するCONTEND SL 1 DISC(マットブラック) Photo: Ikki YONEYAMAディスクブレーキを装備するCONTEND SL 1 DISC(マットブラック) Photo: Ikki YONEYAMA

 実は、ディスクブレーキ装備の「コンテンドSL1 ディスク」のブレーキレバーはシマノ・105のワイヤー式である。新しいジャイアント独自の「コンダクトブレーキシステム」では、ハンドル中央部にワイヤー~油圧変換装置を介することで、低価格帯の完成車での油圧ディスクブレーキ装備を可能にした。

 ワイヤー引きの油圧ディスクブレーキシステムはこれまでにも存在したが、コンダクトではワイヤーを使う距離が最低限に抑えられているためにレバーの引きが軽くなるほか、油圧関連のメカニズムを中央に集めたため、ブレーキレバーも軽量コンパクトになっている。変換部を介してケーブルのルートが90°変わるため、ケーブルの取り回しがスッキリするというメリットも生まれた。

機械式レバーから油圧ブレーキに変換する「コンダクト」ブレーキシステム。変換装置はステムと一体化している Photo: Ikki YONEYAMA機械式レバーから油圧ブレーキに変換する「コンダクト」ブレーキシステム。変換装置はステムと一体化している Photo: Ikki YONEYAMA
油圧ディスクブレーキはフラットマウントを採用。ローターは140mm Photo: Ikki YONEYAMA油圧ディスクブレーキはフラットマウントを採用。ローターは140mm Photo: Ikki YONEYAMA

ディスクブレーキモデルに試乗

雨の中の試乗では油圧ディスクブレーキの有用性を十二分に確かめることができた Photo: Ikki YONEYAMA雨の中の試乗では油圧ディスクブレーキの有用性を十二分に確かめることができた Photo: Ikki YONEYAMA

 メディア向けの試乗会で、ディスクブレーキ装備のコンテンドSL1 ディスクに試乗した。完成車重量は9.4kg(480mm公称値)と決して軽いほうではないが、乗車してみると意外なほど軽快な走りを楽しむことができた。ダンシングなどを織り交ぜてもキビキビと走ってくれる。純油圧式のブレーキでは、どうしてもブレーキブラケット部分が大きくなってしまう欠点があったが、コンパクトな機械式ブレーキレバーなので握りやすく、見た目にも大仰さがなくていい。

 反応性を意識したジオメトリー設計がとられているが、フレームの特に後ろ半分、チェーンステーとシートステーの複雑な形状は、振動吸収性もかなり意識していることがうかがえる。カーボンコンポジットのD-FUSEシートポストの効果も相まって、アルミフレームながら乗り心地はかなり良好だ。

 幸か不幸か、試乗の日は雨模様。外で乗るには若干憂鬱だが、ディスクブレーキの威力を体感するには絶好のコンディションだ。リムブレーキでは雨天時にどうしても反応速度や制動力が落ちてしまうが、コンテンドのディスクブレーキはレバーを引いた瞬間から十分な制動力が得られ、雨天時のメリットをまず実感することができた。

コンテンドSL1 ディスクの後ろ面。シートステーが縦に細長い断面になっていることがわかる。過度な剛性は与えられず、程よい踏み心地のバイクに仕上げられている Photo: Ikki YONEYAMAコンテンドSL1 ディスクの後ろ面。シートステーが縦に細長い断面になっていることがわかる。過度な剛性は与えられず、程よい踏み心地のバイクに仕上げられている Photo: Ikki YONEYAMA

 雨の日は走らないという人にも、油圧式のためレバーを引く力が少なくて済むことはメリットになる。変換装置を介しているものの、ワイヤー引きの距離が非常に短いため、操作フィーリングはとても軽い。直接的な力を必要としない油圧式なので、ビギナーや女性ライダーが長い下りや長時間のライドで握力が低下しても、常に十分なブレーキングを行えることは安心材料だ。

 筆者自身は雨の日も長い峠も走らないのでリムブレーキモデルで十分かと思うが(若干安いし)、単純なカッコ良さも含めてディスクブレーキモデルはとても魅力的だった。

 リムブレーキモデルも含め、価格は抑えられているものの作り込まれていて完成度が高く、SL1ディスクとSL1はチューブレス対応のホイールが標準装備されるなど、さらに本格的な使い方にも対応する。これからロードバイクを本格的に始めたい人に、自信を持って勧められる1台に仕上がっている。

■CONTEND SL 1 DISC
税抜価格: 155,000円
サイズ:410 (XS), 445 (S), 480 (M), 515 (ML)mm
重量: 9.4kg (480mm)
カラー: マットブラック
ドライブトレイン: シマノ・105 22速

■CONTEND SL 1
税抜価格: 140,000円
サイズ:410 (XS), 445 (S), 480 (M), 515 (ML)mm
重量: 8.7kg (480mm)
カラー: マットブルー、ブラック
ドライブトレイン: シマノ・105 22速

■CONTEND SL 2
税抜価格: 115,000円
サイズ:410 (XS), 445 (S), 480 (M), 515 (ML)mm
重量:9.0kg (480mm)
カラー: ブラック、マットライム
ドライブトレイン: シマノ・ティアグラ 20速

■CONTEND 1
税抜価格: 95,000円
サイズ:430 (XS), 465 (S), 500 (M), 535 (ML)mm
重量: 9.4kg (465mm)
カラー: ブラック、マットレッド
ドライブトレイン: シマノ・ソラ 18速

■CONTEND 2
税抜価格: 78,000円
サイズ:430 (XS), 465 (S), 500 (M), 535 (ML)mm
重量: 9.6kg (465mm)
カラー: ブラック、マットレッド
ドライブトレイン: シマノ・クラリス 16速

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ジャイアント(GIANT)のロードバイク

ジャイアント ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載