ヘルメット着用を促す新保険も要請東京都とau損保が自転車安全利用へ協定締結 保険料の一部をヘルメット購入などに活用

by 平澤尚威 / Naoi HIRASAWA
  • 一覧

 東京都とau損害保険(au損保)がヘルメットの着用促進などの取り組みを展開することとなり、7月29日に東京都庁第二本庁舎で協定締結式を開催した。東京都が自転車の安全利用に関して、保険会社と協定を締結するのは初めてとなる。

自転車の安全利用促進に関する協定締結式に出席した、東京都青少年・治安対策本部長の廣田耕一氏(左)とau損保社長の亀田修造氏 Photo: Naoi HIRASAWA自転車の安全利用促進に関する協定締結式に出席した、東京都青少年・治安対策本部長の廣田耕一氏(左)とau損保社長の亀田修造氏 Photo: Naoi HIRASAWA

 今回の協定は、au損保の自転車保険(バイクル、バイクルベスト、サイクルパートナー)に加入している都民が支払った保険料の一部を、東京都に提供し、ヘルメット購入などの安全利用の推進に役立てるというもの。今後、実現に向けて取り組みを進め、どのようなヘルメットを購入するかといった収益の使途は、東京都が判断するという。

握手を交わす廣田耕一本部長(左)と亀田修造社長 Photo: Naoi HIRASAWA握手を交わす廣田耕一本部長(左)と亀田修造社長 Photo: Naoi HIRASAWA

 協定締結式には、東京都青少年・治安対策本部の廣田耕一本部長とau損保の亀田修造社長が出席した。廣田本部長は、東京都の自転車事故発生率が全国平均よりも高いことに触れ「被害を減らすうえで安全対策が急務」とし、「自転車事故にあい、ヘルメットをかぶっている場合には保険金を割り増しするような、新しい保険商品の開発を検討してもらいたい」とau損保に要請した。

 亀田社長は今回の取り組みを通して「自転車が安全で適正に利用される東京都の実現」を目指して連携していくと語った。また「自転車に乗っている全ての人が、ヘルメットをかぶり、保険に入っているのが理想の姿」と述べ、スポーツ自転車の愛好者以外にも、幅広い層の自転車利用者に加入してもらいたいという考えを示した。

この記事のタグ

au損保 セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載